ふくらはぎのゴリゴリの正体はいったい何?対処方法についても解説!

ふくらはぎは体の中でも特に重要な部分の一つです。

 

下半身にある血液を心臓の方へ送り返す役割を果たしているのがふくらはぎだからです。

 

とても重要な部分であるふくらはぎですが、マッサージなどをしているとゴリゴリした感触のしこりのようなものがあることに気づくかもしれません。

 

筋肉があると考える方もいるかもしれませんが、実際には筋肉が凝っている状態です。

 

特に内臓に不調が合ったり、腰痛や膝痛を感じたりしている方の場合にはふくらはぎにゴリゴリした物があることが多いようです。

 

ゴリゴリしている状態を放置しておくと、血液の循環が悪くなりどんどん体の不調が増していきます。

 

ゴリゴリしたふくらはぎの対処方法は?

 

ふくらはぎがゴリゴリしているのであれば速やかにマッサージなどでコリをほぐすことが必要なのです。

 

親指を使って押すように揉みほぐしていくと、徐々にゴリゴリしていた部分が柔らかくなっていくことに気づくでしょう。

 

もちろんふくらはぎのマッサージは根気がいります。

 

一日や二日でゴリゴリしている部分が消えてしまうということは通常ないからです。

 

テレビを見ながらでもいいので、数十分毎日ふくらはぎをマッサージしてふくらはぎのコリを取るようにしましょう。

 

根気強く続けていけばゴリゴリしていた部分が徐々に消えていくことでしょう。

 

ふくらはぎのコリをほぐすだけではなく、細くする効果もあるので続けていきたいものです。

 

ただしあまり強く揉みすぎると筋肉を傷めてしまうので注意してください。

スポンサーリンク