冷房がふくらはぎに与える悪影響とは?こんな症状があります

オフィスで仕事をしている方の中には冷房が入るとふくらはぎがつってしまい歩きにくくなるという人がいるかもしれません。

 

オフィスだけではなく、夏の間はどこに行っても冷房が入っているため何とかならないだろうかと感じていることでしょう。

 

ふくらはぎがつるということは、筋肉に疲労がたまっていることや冷えているということを意味しています。

 

ふくらはぎの筋肉は足の筋肉の中でも特に冷えやすく、しかも疲れやすい部分です。

 

ですから冷房が効いた部屋にずっといるとすぐに冷えてしまい、痙攣しやすくなってしまいます。

 

冷房だけではなく、人によっては素足で歩くこと、就寝時に足を出して寝ること、冷たい食べ物を食べすぎることなどによってもふくらはぎがこむら返りを起こすことがあるのです。

 

こういった問題を解決するためには冷房の冷気によって固くなってしまったふくらはぎの筋肉をほぐすことが重要です。

 

冷房の効いた部屋で仕事をしている方の中には、座りながらふくらはぎや太ももをマッサージしている人もいます。

 

さらに短時間でもいいので、冷房の効いた部屋から出て歩いてみるという方法も効果的です。

 

仕事中で外に出られないという方は座りながらその場で足踏みをしてふくらはぎをほぐすことができます。

 

家に帰ったらシャワーですますのではなく、なるべく湯船につかってふくらはぎをマッサージしてあげましょう。

 

こうした細かい配慮で、冷房の効いた部屋でもつらないふくらはぎを手に入れることができるのです。

スポンサーリンク