ふくらはぎの力が抜ける症状はどんな病気の可能性がある?

ふくらはぎは第二の心臓ともいわれるほど体にとっては大事な器官です。

 

それゆえに、ふくらはぎに不調を感じたらすぐに何が原因かを突き止める必要があります。

 

中には足やふくらはぎの力が抜けるという症状を訴える人もいるようです。

 

症状が軽いからと言って単に力が抜けるだけと考えず、どんな病気の可能性があるかを考えなければならないでしょう。

 

ふくらはぎの力が抜ける場合、もっとも可能性が高いのは椎間板ヘルニアです。

 

椎間板ヘルニアの場合、頻繁に出る症状は腰や足の痛みですが、ふくらはぎの力が抜けるという症状も比較的出やすいものです。

 

椎間板ヘルニアになっている場合には、最悪手術をしなければならないこともありますので異常を感じたらすぐに医師の診察を受けましょう。

 

別の可能性としてはカリウムの過剰摂取もあります。

 

これはふくらはぎの力が抜けるという症状が出ているにもかかわらず特に病気ではないと診断された場合に疑うべきものです。

 

カリウムを過剰摂取するとふくらはぎを含めいろいろな部分の力が抜けることになり、力が入らないと感じます。

 

そしてそれは多くの場合ストレスをため込んでしまった結果なのです。

 

これを放っとくとうつ病などにつながってしまうので、やはり早急に対処しなければなりません。

 

いずれにしてもふくらはぎの力が抜けるといった症状が出た場合には、身体的にも精神的にも病気である可能性があるので軽視せずに医師の診察を受けるようにしてください。

スポンサーリンク