ふくらはぎマッサージでめまいや耳鳴りを改善!やり方も簡単!

年齢を重ねるとめまいや耳鳴りに悩まされることがあります。

 

時には歩くのも大変なほどのめまいを感じることがあるかもしれません。

 

意外に思われるかもしれませんが、ふくらはぎのマッサージによってめまいが劇的に良くなるということがあります。

 

あまりの効果にびっくりする方も少なくありません。

 

実はふくらはぎは第二の心臓と呼ばれているほど血流に大きく関係しています。

 

ふくらはぎの筋肉が弱っていると足の先まで行った血液が循環することができず、結果としてめまいや耳鳴りを引き起こすことがあるのです。

 

ふくらはぎには重要なツボがあり、そこをマッサージすると血流が良くなります。

 

膝の裏には築賓、内くるぶしには太谿、土踏まずの近くに水泉というツボがあります。

 

内くるぶしからふくらはぎを通って膝の裏までをマッサージすることによってこの三つのツボを刺激し、めまいや耳鳴りを軽減することができます。

 

しっかりとツボを押さなくても十分効果が得られるので、自分でふくらはぎをマッサージしてみましょう。

 

やり方も全く難しくありません。

 

床に座り片膝を立てます。

 

ふくらはぎを両手で包み込むようにつかみ、内くるぶしのあたりから上の方へ徐々にもんでいきます。

 

これでめまいなどが解消する人も多いですが、もし痛みが出ているようであれば他の病気の可能性もありますから早急に医師の診察を受けるようにしましょう。

 

このようにふくらはぎとめまいには意外な関係性があるのです。

スポンサーリンク