病気のリスクを減らす!長生きの秘訣はふくらはぎにあり!

近年流行しているのが、ふくらはぎを揉む健康法です。

 

下半身の血流をコントロールするための重要な器官であるふくらはぎを揉むことで、血流促進につながる。

 

結果、肩こりや腰痛、冷え性と言った身近な悩みも解消され、体の免疫も高まることで、健康な体を作れる。

 

ふくらはぎを揉むことによって得られる長生きの効果として知られているのは、こんなところでしょうか。

 

しかし、ふくらはぎと長生きの関係は、日常生活のちょっとした悩みの解消だけではありません。

 

ふくらはぎを揉むことで、病気の早期発見にもつながります。

 

例えば、日本人の多くが悩まされている「糖尿病」の自覚症状の一つに、ふくらはぎのしびれや痛みがあります。

 

糖尿病は完治できる病気ではないため、いったんかかってしまうと入院・通院による治療が求められます。

 

しかし、早期に糖尿病のサインを発見できれば、食事制限など、血糖値をコントロールすることで、症状を軽くできます。

 

糖尿病は悪化すると、死を招くような恐ろしい病気を引き起こすこともあります。

 

そのためにも、普段からふくらはぎに異常がないかどうかを意識することが大切なのです。

 

ふくらはぎを揉むことは、病気を早期に発見し、長生きするための秘訣にもなっているのです。

 

また、年齢を重ねることで衰えていく下半身の筋肉や血流を解消し、病気のリスクを減らすことも出来ます。

 

長生きのためにはふくらはぎを揉む。

 

それを普段から頭に置いて、一日のうち数分でもふくらはぎを揉む時間を作っておくと良いですね。

スポンサーリンク