便利すぎる!ふくらはぎのストレッチをテニスボールで行うとこんな効果が!

ふくらはぎのストレッチをするとき、あると便利なのがテニスボールです。

 

もちろん、テニスボールが無くてもふくらはぎのストレッチはできるのですが、テニスボールがあることで、より効果的なストレッチが可能になるのです。

 

それは、ふくらはぎの「トリガーポイント」を早期に発見できること。

 

トリガーポイントは痛みの原因になっている場所のことです。

 

しかし、トリガーポイントそのものに痛みはなく、別のところに痛みが現れるという厄介な性質を持っています。

 

トリガーポイントの発見は、なかなか難しいものですが、テニスボールを使えば、その位置を掴むことができるのです。

 

ふくらはぎの下にテニスボールを当てて、強く押し付けます。

 

すると、ふくらはぎの「コリ」を実感できる部分を見つけることができます。

 

コリを見つけたら、その場所にテニスボールを押し当てて、20秒ほどしたら離してください。

 

これを一日数回行うことで、徐々にトリガーポイントも消えていき、原因不明の痛みも解消に向かうことでしょう。

 

ふくらはぎは、全体が柔らかく、柔軟性を持っていなければ意味がありません。

 

どこか一か所でも固い場所があれば、血流が滞ってしまいます。

 

普段から足を酷使する仕事や運動を行っている方は、意識的にこのマッサージを行ってみてください。

 

やる前と後では、ふくらはぎの状態も大きく変わるはずです。

 

ふくらはぎを健康な状態に保つことは、普段の生活の中で無意識に行っているクセや習慣を見直すきっかけにもなります。

 

立ち姿勢や歩き方、座り方と言った何気ない動作の中にも、ふくらはぎの血流を悪くしてしまう原因が隠れているのですから。

スポンサーリンク