ふくらはぎと健康の関係記事一覧

アマチュアからプロまで、テニスをする人たちの中で最も多いのが、ふくらはぎの怪我です。特に肉離れが多く、テニスレッグと呼ばれるほど、ふくらはぎの肉離れを経験したテニスプレイヤーは多いのです。テニスはコートの上下・左右を縦横無尽に移動する競技であり、試合状況によってはそれが長時間続くこともあるくらいです。だからこそ、ふくらはぎを酷使し、怪我につながる可能性も高いのです。テニスをするときは、ふくらはぎの...

ふくらはぎのストレッチをするとき、あると便利なのがテニスボールです。もちろん、テニスボールが無くてもふくらはぎのストレッチはできるのですが、テニスボールがあることで、より効果的なストレッチが可能になるのです。それは、ふくらはぎの「トリガーポイント」を早期に発見できること。トリガーポイントは痛みの原因になっている場所のことです。しかし、トリガーポイントそのものに痛みはなく、別のところに痛みが現れると...

ふくらはぎのしびれが起こる原因は、色々なところにあります。肉離れなど、ふくらはぎの筋肉に異常が発生した時、圧力が強いタイツや靴下を長時間履き続けた時。ですがこれらの場合、しびれは一時的な症状として現れるだけで、原因を解消すれば消えてしまいます。問題は、何もしていないのに、ふくらはぎのしびれがずっと続くとき。この場合、神経系の病気か、他の病気との合併症であることが考えられます。ふくらはぎのしびれでよ...

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるほど、体の中では重要な器官です。そんなふくらはぎにむくみ・だるさ・痛みなどを感じる方は、体のどこかが弱っている証拠。酷い場合には、医師の診察を受けることをお勧めします。そして、ふくらはぎが関連しているのは、体の外部だけではありません。体の内部…特に腸との関連が、非常に深いのです。腸の役割は、体にとって不要なものを体外に排出するほか、免疫力を高めたり、栄養分の消化とい...

トリガーポイントとは、ふくらはぎのトラブルを引き起こす原因となる部分のことです。触った感触はしこりのように固くこっている感触があり、通常のふくらはぎのトラブルとは違い、簡単に治すことはできません。その理由は、以下の2つにあります。1つ目は、トリガーポイントそのものではなく、別の場所に痛みを感じる点。ふくらはぎに妙なしこりがあるのに、痛みは別のところに感じる。そんな不思議な症状が原因究明に時間をかけ...

ある日突然、何の前触れもなくふくらはぎが痛み出した。そんな経験をお持ちの方は、多くいらっしゃると思います。突然ふくらはぎに襲い掛かる痛みで多いのが、筋肉痛やこむら返りといった現象。特にこむら返りの場合は、体の水分が不足する就寝中に発生することが多いです。筋肉痛の場合、普段あまり運動をしない人が急激な運動をすると、次の日に突然ふくらはぎの痛みに襲われることもあります。筋肉痛の程度は人によりますが、症...

ふくらはぎがむくむ、痛む、張るといった現象が生じた時、普通なら「足を酷使したせいだ」と考えがちです。あるいは、年のせいで足が弱くなっているのかな、と思い込んでしまうこともあります。いずれにしても、ふくらはぎ「そのもの」に何かトラブルがあったんだ。そう考えがちですが、実はふくらはぎの異常は、内臓が弱っているというサインでもあるのです。特に胃・肝臓・心臓・腎臓などの機能が弱っていると、ふくらはぎに何ら...

近年流行しているのが、ふくらはぎを揉む健康法です。下半身の血流をコントロールするための重要な器官であるふくらはぎを揉むことで、血流促進につながる。結果、肩こりや腰痛、冷え性と言った身近な悩みも解消され、体の免疫も高まることで、健康な体を作れる。ふくらはぎを揉むことによって得られる長生きの効果として知られているのは、こんなところでしょうか。しかし、ふくらはぎと長生きの関係は、日常生活のちょっとした悩...

ふくらはぎのストレッチでむくみや血行を良くしていきましょう。ふくらはぎを伸ばすだけでもいいストレッチになるんですよ。しかし、一言にふくらはぎを伸ばす、といっても色々なやり方があるのです。例えば、立ちながらふくらはぎを伸ばすやり方。立ったまま伸ばしたい方を一歩後ろに下げます。そしてゆっくり下げた方の足を床につけます。そうしてふくらはぎを伸ばしていきましょう。反対側も同じように。伸びていますか?では、...

ふくらはぎが最近変色してきている、なんて方はいらっしゃいますか?ふくらはぎが青くなっている、または青紫っぽくなっている。そしてそのふくらはぎの変色に伴い痛みを感じる、なんて方。それは病気かもしれません。すぐ治るだろうと思って放っておいては、もっと重大な病気にかかる危険があります。考えられる病気は静脈血栓症です。これは手足の血管部に血栓が出来てしまって血流が滞ってしまうという病気です。ふくらはぎが変...

筋トレというと腕や太もものイメージが強いですが、ふくらはぎを鍛える人も多くいます。実は脚の各部分の筋トレには意外なメリットがあるのです。まずふくらはぎを鍛えるメリットとして挙げられるのは、「健康になる」という点です。ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれています。というのは、ふくらはぎの筋肉は足の方に降りてきた血液や溜まった水分を心臓の方へ押し戻すためのポンプの役割を担っているからです。つまりふくらはぎ...

年齢を重ねるとめまいや耳鳴りに悩まされることがあります。時には歩くのも大変なほどのめまいを感じることがあるかもしれません。意外に思われるかもしれませんが、ふくらはぎのマッサージによってめまいが劇的に良くなるということがあります。あまりの効果にびっくりする方も少なくありません。実はふくらはぎは第二の心臓と呼ばれているほど血流に大きく関係しています。ふくらはぎの筋肉が弱っていると足の先まで行った血液が...

ふくらはぎというのは痛くならない限り通常あまり意識しない部分です。しかしよく考えてみると歩くときや座るとき、日常の活動のほとんどの場面でふくらはぎを使っています。そしてあまり知られていないのですが、ふくらはぎには大事な静脈があるのです。良く知られている通り、血液は動脈と静脈を通って体を循環しています。当然足の先まで血液が通っているわけですが、動脈を通る血液が下に降りていくのに対し、静脈を通る血液は...

女性にとって足がむくむというのはそれほど珍しいことではありません。しかし時々ふくらはぎに毛細血管が浮き出てくるという症状が出ます。意外と見過ごしがちですが、もしかすると下肢静脈瘤という病気の兆候かもしれません。体中の器官と同じようにふくらはぎには無数の毛細血管があります。ふくらはぎの筋肉が弱かったり、長時間立ち仕事をしていたりすると、足がむくんで毛細血管内の血液が心臓の方へ押し戻されることなく残っ...

長時間立ち仕事をしている方や、会社でずっと座りっぱなしという方であればふくらはぎのハリに悩まされているかもしれません。脚が張っているとマッサージしたいと思うこともあります。確かにふくらはぎのハリにマッサージは効果的なのですが、揉みすぎると逆効果になることもあります。俗にいう揉み返しが来てしまうことがあるからです。マッサージの際にふくらはぎを強く揉みすぎると筋繊維を傷つけてしまい、筋肉痛のような痛み...

ちくひんを漢字で表すと「築賓」と書きます。これはツボの一種で、ふくらはぎの内側にあります。ちくひんの場所は、両ふくらはぎ内側、膝とくるぶしの中間あたりです。親指でぎゅっと押すと、他の場所より強く痛みを感じるポイントがあるはず。そこが、ちくひんの場所です。ちくひんは腰から足に向けての神経をほぐすためのツボであり、下半身全体の血流を促進させる効果があります。冷え性の中でも、下半身全体が冷えやすい方は、...

ふくらはぎに血が溜まることに心配しているあなた、その判断は正解です。ふくらはぎに血が溜まるのを放っておくと、取り返しのつかないことになる可能性がありますので、理解を深めておきましょう。人間の体は、隅々まで血液が循環することで正常な機能を保てています。その血液の循環をコントロールしているのが、心臓とふくらはぎです。特にふくらはぎは、下半身から上半身へ血液を送り返す重要な器官でもあります。そこに血が溜...

ふくらはぎの痛みと、糖尿病には実はつながりがあります。糖尿病には主に2つの種類があります。幼少期に発生しやすい1型糖尿病と、中高年に発症しやすい2型糖尿病です。他にも糖尿病の種類はいくつかありますが、大まかに分類すると上記の2つであるケースが多いです。特に2型糖尿病は、生活習慣の乱れから発生することが多く、現代人がかかりやすい病として知られています。そんな糖尿病とふくらはぎの痛み。一見何の関係も無...

ダイエットをしたり体を鍛えたりしたいと思っている方であればジムに通うこともあるでしょう。ジムにある道具の中でもっともなじみ深いものといえば、やはりルームランナーではないでしょうか。使い方が簡単であるだけでなく、設定によって鍛え方を変えることも可能です。例えば傾斜を変えられるルームランナーであれば、上り坂や下り坂を想定してふくらはぎを鍛えることができます。ただ走るだけでもリフレッシュ効果があります。...

毎月の生理が重い女性の方であれば、医師からルナベルを処方されることがあります。ルナベルは生理を軽減して、生理痛や腰痛などを緩和するのに効果的です。ルナベルを飲んで生理痛が軽くなったという方は少なくありません。とはいえ、このルナベルには副作用があり注意が必要です。吐き気や乳房のハリなどの副作用が時々見られます。しかし飲みなれていくうちにこれらの副作用は軽減していきます。さらに重篤なルナベルの副作用と...

卵巣は女性に特有の臓器で、とてもデリケートな部分です。卵巣の調子が少しだけ悪くても、体全体に影響を及ぼします。実はふくらはぎの働きが卵巣にとってとても重要であるということをご存じでしょうか。ふくらはぎは血液の循環に大きく寄与しています。心臓が足の先の方から吸い上げることのできる血液の量は全体の4割程度で、その他はふくらはぎが心臓の方向へ押し上げているのです。血液の流れが悪くなると当然体調は悪くなり...

ふくらはぎは第二の心臓ともいわれるほど体にとっては大事な器官です。それゆえに、ふくらはぎに不調を感じたらすぐに何が原因かを突き止める必要があります。中には足やふくらはぎの力が抜けるという症状を訴える人もいるようです。症状が軽いからと言って単に力が抜けるだけと考えず、どんな病気の可能性があるかを考えなければならないでしょう。ふくらはぎの力が抜ける場合、もっとも可能性が高いのは椎間板ヘルニアです。椎間...

オフィスで仕事をしている方の中には冷房が入るとふくらはぎがつってしまい歩きにくくなるという人がいるかもしれません。オフィスだけではなく、夏の間はどこに行っても冷房が入っているため何とかならないだろうかと感じていることでしょう。ふくらはぎがつるということは、筋肉に疲労がたまっていることや冷えているということを意味しています。ふくらはぎの筋肉は足の筋肉の中でも特に冷えやすく、しかも疲れやすい部分です。...

ふくらはぎに突然の痛みが襲ってきたことがあるのではないかと思います。そのふくらはぎの突然の痛みには、考えらえる要因がいくつかあります。寝ている時に突然、ふくらはぎが痛くなりつるというもの。これはこむら返りと言います。このこむら返りの原因は、筋肉のけいれんによるもので、水分不足・ミネラル不足でよく起こります。ふくらはぎの突然の痛みは、こむら返りのほかに多いのが筋肉痛による痛み、肉離れによる痛みなどが...

ふくらはぎは体の中でも特に重要な部分の一つです。下半身にある血液を心臓の方へ送り返す役割を果たしているのがふくらはぎだからです。とても重要な部分であるふくらはぎですが、マッサージなどをしているとゴリゴリした感触のしこりのようなものがあることに気づくかもしれません。筋肉があると考える方もいるかもしれませんが、実際には筋肉が凝っている状態です。特に内臓に不調が合ったり、腰痛や膝痛を感じたりしている方の...

ふくらはぎは毎日使う部分であるだけでなく、第二の心臓といわれるほど重要な部分でもあります。末端の方に流れていった血液が再度心臓の方に戻るためにはふくらはぎの力が必要だからです。脚に滞留している血液を心臓まで戻すためには心臓がいくら働いても限界があります。そのため、ふくらはぎを揉むと驚きの若返り効果があります。そのポイントが血流なのです。ふくらはぎを揉むと血液がより一層スムーズに流れるようになります...

誰でも健康には興味がありますし、ダイエットという話題にも惹かれることでしょう。その両方が実現できるのが、今話題のふくらはぎ揉みです。実はふくらはぎを揉むだけで体の不調が改善したり体が細くなったりすると話題沸騰なのです。その理由は体の中でふくらはぎが果たす役割にあります。ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれ、足の方に滞留している血液を心臓に送り返す働きをしています。そのためマッサージをすると血液の流れが...

ふくらはぎの状態を観察すると、健康状態も見えてきます。ふくらはぎがたるんでいる・むくんでいる・ガチガチに固いなど、色々な症状がある中で、今回は「固い」状態が示している体トラブルを紹介しましょう。左右どちらか、あるいは両方のふくらはぎが、ガチガチに固い。この状態は、足に疲労が蓄積していることを表しています。疲労が蓄積していると、筋肉痛が慢性化し、足がつりやすくなるといったトラブルが起きやすくなります...

スポンサーリンク