今話題のふくらはぎ脂肪吸引ベイザーとは?どんなメリットとリスクがある?

ベイザー波という超音波を用いる脂肪吸引手術が、昨今話題になっています。従来の脂肪吸引に比べると体への負担が少なく、手術にかかる時間も短縮できる。加えて、脂肪吸引効果も格段に上がっていることから、有名整形外科でも取りいれられている手術です。

 

スポンサーリンク

ベイザーは具体的にどんな効果があるの?

適応されるのは二の腕、お腹まわり、ふくらはぎなど多岐にわたります。ベイザーの大きな特徴の一つに、手術後の皮膚のたるみが少ない点があります。従来の脂肪吸引では、取り除いた脂肪の分だけ皮膚にたるみができて目立っていましたが、ベイザーでは跡が目立ちにくくなっています。

 

手術後の見た目も綺麗に維持できるため、現在受ける人が増えています。ふくらはぎにベイザー手術を施した方もいて、見た目が大きく変わったことを実感しています。

 

昨今では美容整形手術も進歩し、患者への体の負担が少なく、確実に体型を整えられる手術が増えてきました。ベイザーもまた、脂肪吸引の新たな選択肢として定着しています。

スポンサーリンク

ただ、医療行為を行う以上、手術前後の行動制限や手術のリスクなどは、きちんと把握しておく必要があります。ベイザーの場合、術後1週間は入浴ができません。また、術後の炎症もあり、一時的に日常動作で不便が生じることがあります。

 

こうした注意点をしっかりと聞き、カウンセリングを受けたうえで、ベイザー手術を受けるかを判断してください。より鮮明にイメージを膨らませるためには、体験談を調べてみるのも有効な方法です。

 

スポンサーリンク