バランスボールでふくらはぎの筋トレや脚痩せをする方法

大きなボールを使って様々な動きをする、バランスボール運動。

 

プロスポーツ選手が体幹トレーニングとして取りいれることもあり、一般の方にも広く普及しているのが特徴です。

 

バランスボールを使うことで得られる効果は、体幹を鍛えることだけではありません。

 

お腹や脚などを部分的に鍛えることでダイエットができ、柔軟性を高めることにも役立ちます。

 

バランスボールを使ったダイエットは、ふくらはぎの部分痩せにも効果があります。

 

ふくらはぎダイエットというとスクワットが有名ですが、きつくて断念した方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、バランスボールを使えば負担を軽減して、運動を続けることができます。

 

やり方はいたって簡単で、壁と背中の間にバランスボールをはさみ、落とさないように上下させます。

 

基本動作は両足を付けてまっすぐ立ち、かかとを上げ下げするだけ。

 

この時、足が開いて背中が曲がらないように気を付けてください。

 

最初のうちは動作を覚えるために、1日数回程度でも構いません。

 

慣れてきたら徐々に回数を増やしていけば、確実に効果は出るはずです。

 

バランスボールには、利用者の身長に対応してサイズが決められています。

 

購入するときは、身長と対応サイズをよく確認してください。

 

また、ボールを膨らますときは空気を入れすぎないのがポイントで、ちょうどよい空気の量は、ボールの上に座ったときに、安定していられる程度。

 

あまりボールが固すぎると、体の姿勢も悪くなってしまいます。

 

遊び感覚で楽しめる、バランスボールダイエット。

 

今こそふくらはぎダイエットを始めるぞ!という方、ぜひおためしください。

スポンサーリンク