ふくらはぎの太さから考えるロングブーツ購入のコツ

冬の時期になるとロングブーツを履きたいという方も増えてくることでしょう。

 

トレンチコートなどに合わせてロングブーツを合わせておしゃれにキメたいということもあります。

 

しかし多くの女性の悩みとして、ロングブーツを履くときに足首は入るのにふくらはぎが入らないという問題があります。

 

多くの女性が自分の普通の靴のサイズと同じイサイズのロングブーツを試していますが、ふくらはぎが入らずに諦めているのが現状なのです。

 

とはいえ、解決策はいくつかあります。

 

ロングブーツは履いているうちになじんでくるものなので、多少ぴったりしていてもそのうち問題なく履けるようになります。

 

また中にはくものによっていくらか調整がきくので、多少大きめのサイズのロングブーツを購入しても大丈夫です。

 

厚めのタイツを履いたり、厚い靴下を履いたりする方の場合には少し大きめのサイズを買って冷え性対策をしてもいいかもしれません。

 

もしふくらはぎが太くて悩んでいるのであれば、丈にも注意が必要です。

 

ふくらはぎが強調されることを防ぐために、ふくらはぎの太い部分で終わってしまうロングブーツは避けた方が賢明です。

 

ふくらはぎだけが太く、他の部分が細いのであればふくらはぎがすっぽり覆われる丈のブーツを選ぶと全体的に美しく見えます。

 

もちろん脚は一人ひとり異なるので、実際にたくさん履いてみて、もっともきれいに美しく見えるロングブーツを選んで購入するのが良いでしょう。

スポンサーリンク