ふくらはぎを美しく見せるレギンスの失敗しない履きかたとは?

どんな季節でもスカートやショートパンツを着る時にはレギンスも着たいという方がいるかもしれません。

 

しかしふくらはぎの形によってレギンスの種類も変わってきます。

 

レギンスによっては脚がより美しく見えたり、おしゃれに見えたりするものです。

 

ふくらはぎに合わせてどのようにレギンスを変えていったらよいのでしょうか。

 

ふくらはぎが発達していて筋肉質なことをししゃも脚といいます。

 

きれいに筋肉がつけば美しい脚に見えるのですが、筋肉が付きすぎるとたくましく見えてしまいます。

 

この場合にオススメなのが、ふくらはぎを全部覆ってくれる七分丈や十分丈のレギンスです。

 

七分丈や十分丈のレギンスを履くと目立つのが引き締まった足首なので、より一層美しい脚に見えます。

 

一方で全体的に細いもののメリハリがなく棒のように見える棒脚があります。

 

この場合にはふくらはぎをアピールするために五分丈や十分丈のレギンスがベストです。

 

五分丈のレギンスを履くとふくらはぎの部分で色が変わるので、より一層ふくらはぎが美しく見えるのです。

 

レギンスの色にも気を配ることができます。

 

黒のレギンスは収縮効果が期待でき、より一層脚を細く見せることができます。

 

一方で青はおしゃれな雰囲気と知的な雰囲気をまとっているので、夏や秋などに最適です。

 

紫色のレギンスもおしゃれだと人気があるカラーの一つです。

 

こうしたレギンスの丈や色をしっかりと考慮して、ふくらはぎを美しく見せることができるようになりましょう。

スポンサーリンク