理想のふくらはぎは一般的に何センチがベスト?身長から計算する方法

太ももからふくらはぎにかけて美しいと体全体が美しく見えるものです。

 

しかし、どのくらいの細さのふくらはぎが理想的なのでしょうか。

 

そのためにはまず自分のふくらはぎの細さを知らなければなりません。

 

筋肉がついている部分の真ん中よりも少し上のあたりでもっとも太いところを計測しましょう。

 

またメジャーを絞るのではなく、ぴったりフィットした状態で計測する必要があります。

 

その後理想のふくらはぎの太さと比べてみます。

 

一般的に理想のふくらはぎの太さは身長×0.2cmと言われています。

 

例えば身長が155cmの女性であれば155cm×0.2で31cmが理想の太さです。

 

日本女性の平均的な大きさは28cmから33cmとなっています。

 

もちろん身長によるので一概には言えませんが、この数値の範囲内であれば理想のふくらはぎに近いと言えるでしょう。

 

もしこの値よりも4cm以上太いと、ふくらはぎが太いと思われてしまうかもしれません。

 

むくんでいたり、血液の循環が悪くなっていたりするとふくらはぎは太くなってしまいます。

 

理想的な太さになるようエクササイズやマッサージを日ごろから心掛けるようにしましょう。

 

特にO脚の方はふくらはぎの下の方の筋肉をよく使うので太くなりがちです。

 

つま先立ちなどを気づいたときにするとよいかもしれません。

 

階段の上り下り、特にかかとを使わない上り下りも効果的です。

 

美脚と理想的なふくらはぎを手に入れるために、日常生活の中で簡単にできる事から始めてみるのはいかがでしょうか。

スポンサーリンク