毎日簡単にできるふくらはぎのカーフレイズのやり方のポイント

カーフレイズとは、ふくらはぎの筋肉を鍛えるためのトレーニング方法です。

 

基本的な動作は、壁に手をつき、かかとを上げ下げするというもの。

 

カーフレイズは特別な道具はいりませんし、自宅で簡単にできる方法なので、ふくらはぎの筋肉を鍛えるにはもってこいの運動です。

 

カーフレイズを行うに当たっては、いくつかのポイントがあります。

 

まずは、壁に手をつくときの動作です。

 

体が壁に寄りかからないようにすること、膝を軽く曲げた状態をとること。

 

この2点が基本姿勢となりますので、カーフレイズを行うときには、いつもこの姿勢を意識してください。

 

後はゆっくり息を吐きながらかかとを上げて、ふくらはぎがピンと伸びた状態の姿勢をとります。

 

ふくらはぎと同じく、上半身もまっすぐ伸ばしたまま、限界までかかとを上げてください。

 

ここからはゆっくりかかとを戻していくのですが、かかと全体を床につけないようにするのがポイントです。

 

ほんの少しかかとが浮いた状態から、再度かかとを上げて、下げてを繰り返していきます。

 

筋肉をつけるためには、1セット30回×2・3セットが目安ですが、始めからそこまでやろうとするのはさすがに無理ですよね。

 

なので、最初のうちは「毎日カーフレイズを続ける」ということだけを意識して、少ない回数から始めてみましょう。

 

このとき、回数と共に、ふくらはぎのカーフレイズを行う時間も決めておくと効果的です。

 

目標数や日課は、内容が具体的であるほど、実行意識が高くなるものですから。

スポンサーリンク