こんなことしてない?ふくらはぎが太いのはヒラメ筋の発達が原因!

ふくらはぎが太くて困っている…という方は少なくはないと思います。

 

ふくらはぎについてしまった筋肉のせいで足が太くなってしまった。

 

ふくらはぎには腓腹筋、ヒラメ筋という筋肉があるのです。

 

ふくらはぎの太さに関係している筋肉は、主にこのヒラメ筋だと言われています。

 

ふくらはぎの後ろ側が太い、という方。

 

ヒラメ筋はふくらはぎの外側、つまり斜め後ろ側の部分になります。

 

この部分、ヒラメ筋に筋肉がついてしまうと足が太く見えてしまうのです。

 

そして足を細くするにはこのヒラメ筋の筋肉を上手く落とす必要があるのです。

 

ただ筋肉を減らそうとすれば、たるんでしまいます。

 

では一体、どのようにしてヒラメ筋を落としていけばいいのでしょうか?

 

ヒラメ筋は瞬発的に力を発揮するとよく発達すると言われています。

 

階段を一気に駆け上がったりしていませんか?

 

その運動、実はヒラメ筋を発達させてしまっているのです。

 

そして歩き方にも気をつけていかなければなりません。

 

歩く時に重心を前の方にかけてしまってはいませんか?

 

高いヒールを履いて歩いてはいませんか?

 

いつも速足で歩いてしまってはいませんか?

 

それでは、いくら歩いていたといっても足が太くなる一方なのです。

 

きちんとして歩き方を身につけ、筋肉の質を変化させていきましょう。

 

すぐには細くならないと思います。

 

しかし、そこで諦めて辞めてしまっては今までやってきたことすべてが無駄になってしまいます。

 

結果がすぐに出なくても、決して諦めず継続してください!

スポンサーリンク