縄跳びでふくらはぎ痩せができるってホント?その効果と方法は?

ふくらはぎの足痩せのために運動をすると、かえって筋肉がついてしまう。

 

とりわけ足に負荷がかかるような運動をすると、筋肉で太くなってしまうのではないか?

 

そんな心配があるものですが、実は足に負荷をかけるような運動でも、綺麗なふくらはぎの足痩せができる運動があるのです。

 

それは、縄跳びを使ったジャンプの運動です。

 

縄跳びは、ランニングなどと同じ有酸素運動なので、ふくらはぎを含めた体の脂肪を燃焼させるにはぴったりの運動です。

 

縄跳び運動の最大の特徴は、ジャンプをして足の上げ下げをすること。

 

この動きが、ふくらはぎはもちろん、下半身全体の引き締め運動、更には内臓の代謝アップと、全身に効果があるのです。

 

ポイントは、短時間でもいいので集中してやること。

 

時間にしてわずか1分間で構いません。

 

1分飛んだら、同じ時間だけ休憩をして、また一分縄跳びを行う。

 

これを3セット程度行うことから始めてみて、慣れてきたら1回の時間やセット数を増やしてみましょう。

 

ジャンプは低めに、脇をしめて、姿勢を固定して行うのも大切なポイントです。

 

ふくらはぎの足痩せだけでなく、体の気になる部分のダイエットにも効果的な縄跳び運動。

 

今までの運動で痩せられなかった方でも、きっと「痩せた!」という実感が持てるはずです。

 

運動によるダイエットは、何よりも続けることが大切です。

 

すぐに効果が現れなくても、痩せたいという強い気持ちを持って、しっかりと集中して取り組みましょう。

 

それを2か月、3か月と続けていくことで、確実に体に変化が訪れるはずです。

スポンサーリンク