他に方法は?ふくらはぎの力こぶを無くすためには手術が必要か?

力こぶというと、腕にできるものというイメージがありますが、実はふくらはぎにも力こぶはできるのです。

 

ふくらはぎの力こぶは、腓腹筋(ひふくきん)といいます。

 

ハードなスポーツを継続して行っていたり、過去にそういった経験がある場合、ふくらはぎの筋肉が発達して、力こぶのように盛り上がって見えます。

 

足が太いと悩む人の中には、この力こぶがついてしまったために、太く見えてしまうという方もいます。

 

こうしたケースの場合、素早く足を細くするためには、筋肉を委縮させる手術を受ける必要があります。

 

美容整形外科では、様々な手法を用いてふくらはぎの筋肉を委縮させ、足痩せを実現させる手術が行われています。

 

最近ではメスを入れず、麻酔などを使って、体の負担が少ない手術も広がり始めており、美容整形を利用した足痩せも身近なものとなってきました。

 

しかし、ただ手術を受ければよいというものではなく、手術後の入院が必要だったり、退院後も定期的に通院し、アフターケアや手術後の状態チェックも欠かせません。

 

もちろん、医療行為を行う訳ですから、お金だってかかります。

 

手術の種類によっては、医療保険が適応されないものもあり、容易に受けられるものではありません。

 

足を細く見せたい。

 

そのためにはどうすればふくらはぎの力こぶを落せるのか。

 

美容外科手術以外にも、食事やストレッチなどを続ける方法もあります。

 

どんな方法が自分に合っているのかを調べて、それを実行していきましょう。

スポンサーリンク