ふくらはぎはなぜ割れる?原因と対策についてリサーチ!

ふくらはぎがきれいだと全体的に美脚に見えるものですが、ふくらはぎにトラブルが起こることもあります。

 

その一例がふくらはぎが割れるというものです。

 

ふくらはぎが割れる原因は三つあります。

 

一つ目は急激な体重の変化です。

 

食べすぎなどの要因によって体重が急激に変化すると、ふくらはぎの皮膚がそれに対応しきれずに真皮の細胞が崩壊してしまいます。

 

表面にある表皮は伸縮性があるので体重の変化によって伸びることができますが、真皮は分厚く伸縮性があまりないため体重が急激に増加するとふくらはぎが割れたように見えるのです。

 

もう一つの原因は偏平足など足の裏が不安定であるというものです。

 

足の裏が不安定になるとふくらはぎや太ももに大きな負担がかかり、筋肉が発達して割れるという現象が起こるのです。

 

三つ目の原因はスポーツなどの急激な負荷です。

 

特にバランスよく筋肉を鍛えるのではなく、ふくらはぎだけに負荷をかけるなど偏った筋トレをした場合などに筋肉が割れるという現象が見られます。

 

これらのケースでは肌を保湿して割れた跡を消してあげることができます。

 

しかし跡が定着して白くなってしまっている場合には消すことが非常に難しくなります。

 

肌をケアして跡を消すよう努力するとともにふくらはぎが割れる原因となるものを取り除くことが重要になります。

 

美しい脚を手に入れるためにも、急激な体重の増加や高負荷の筋トレは極力避けて、肌のケアも怠らないようにしましょう。

スポンサーリンク