ふくらはぎのへこみが治らない原因は内臓機能の低下?どう改善する?

靴下やブーツを履いたときにできるふくらはぎのへこみ。

 

これがなかなか戻らないという方はいませんか?

 

ふくらはぎのへこみが戻りにくい方は、血行不良の疑いがあります。

 

また、へこみが戻りにくいということは、ふくらはぎがむくんでいる証拠でもあるのです。

 

むくみができると、足が太く見えてしまうだけでなく、セルライトという脂肪の塊ができたり、ふくらはぎに痛みを感じ安くなります。

 

こうした症状は、日ごろの生活習慣が大きく影響しています。

 

それ以外にも、冷え性などの体質から血行不良になり、ふくらはぎのへこみが起きてしまうということもあります。

 

ふくらはぎのへこみ=むくみの悪化と考えがちですが、内臓が弱っているときでも、ふくらはぎのへこみが戻りにくいときもあります。

 

それは、肝臓の機能が弱っているときです。

 

肝臓の機能が弱っていると、体の細胞の間に水がたまりやすくなり、むくみを引き起こすこともあります。

 

これがひどくなると、ふくらはぎもへこみやすくなるので気を付けてください。

 

下半身は人間の体の中でも特に冷えやすい部分です。

 

特に寒くなるこれからの季節は、ふくらはぎを中心とした足元の血行を促進し、へこみができない足にしていくことが大切です。

 

また、肝臓の機能を維持する対策として、アルコールを控えることも大切です。

 

食事は体を温める効果がある根菜類などを積極的に摂取して、今からむくみとふくらはぎのへこみ対策をしていきましょう。

スポンサーリンク