ふくらはぎが眠れないほどムズムズするのはなぜ?改善方法を解説

みなさん、むずむず脚症候群っ知っていますか?

 

むずむず脚症候群とは、リラックスしている時やじっとしている時に足がむずむずして落ち着けず、寝ようとしても中々眠れないという睡眠障害の一種です。

 

むずむず脚症候群とも呼ばれますが、レストレスレッグス症候群と二つの呼び方があります。

 

この睡眠障害は、むずむず脚症候群とその名前通り、足がむずむずする、足に不快感がありじっとしていられない、という症状がみられます。

 

この足の不快感により睡眠ができず、眠れないと悩んでいる人がいるのです。

 

それによりストレスになってうつになるという場合も。

 

眠れないほどのむずむずが一番に感じられる部分はふくらはぎが多いと言われています。

 

ふくらはぎから徐々に色々なところがむずむずしてくるという人も。

 

原因はまだはっきりと分かっていませんが、脳内にあるドーパミンが正しく働いていない、といわれています。

 

症状が重く、悩んでいる方がいれば病院に相談しに行った方が良いでしょう。

 

症状が軽い方でも眠れなくて辛い方がいると思います。

 

そんな方に自宅でできる改善方法をお教えします。

 

まず、鉄分をとること。

 

鉄分が不足している事がドーパミン減少の原因なのです。

 

なので、不足していると感じている方はしっかりと摂るようにしてください。

 

そしてカフェイン、アルコール、タバコは避けるということです。

 

タバコは体にも悪影響なので喫煙をおすすめします。

 

そして眠れないと感じたら、寝る前の軽いストレッチです。

 

日中の軽いウォーキングもいいと言われています。

 

むずむず脚症候群の方は今日からぜひ試してみてください。

スポンサーリンク