寝るときによくあるふくらはぎのトラブル対処法まとめ

最近ふくらはぎがだるくてしんどいなぁ、なんてことありませんか?

 

そんなときは、寝るときにマッサージしてみてください。

 

きっとだるさも軽減すると思いますよ。

 

しかし、そんなあなた。

 

寝るときに脚を出してしまってはいませんか?

 

脚を冷やしてしまうと血液の流れが悪くなってしまうので、それがふくらはぎのだるさにもつながっている可能性があるのです。

 

なので、長めのふくらはぎが隠れるくらいのパジャマを履いて寝るようにしましょう。

 

マッサージやパジャマでだるさが軽減されるのは嬉しいですよね。

 

その他にも寝るときにふくらはぎがむずむずする感覚に陥ってしまい、脚を動かさなくては寝られない…なんて方もこの中に入るのではないでしょうか?

 

それは、むずむず脚症候群という睡眠障害なのです。

 

これは女性に多いと言われていて、重くなると不眠症、寝不足の原因となってしまうのです。

 

どうにかして治せないものか…安心してください、対処法もあります!

 

まず、鉄分をとってください。

 

鉄の不足も関係していると言われています。

 

そしてカフェイン、飲酒を控えることも効果的だと言われています。

 

カフェインは寝る前に取れない方がいいとよく言われますよね。

 

脚のマッサージすることもいいと言われています。

 

だるさにもマッサージはいいですし、ぜひ寝るときにマッサージしてください。

 

そしてこのどれを試してみても駄目だったという方、神経内科に相談してみてください。

 

やはり、病院に検査に行くのが一番ですね。

 

良い睡眠ができるといいですね。

スポンサーリンク