立ち仕事でふくらはぎが痛む時・むくむ時の対処法

座りっぱなしのオフィスワークはもちろん、仕事の種類によっては、立ち仕事を長時間続ける場合もあります。

 

立ち仕事を続ける職業の場合、足を休められるタイミングと言ったら、休憩時間くらいしかありません。

 

ですが、時にはその休憩時間すら、確保するのが難しいこともあるでしょう。

 

そんなときは、仕事以外の時間に、ふくらはぎのマッサージを行うのが効果的です。

 

仕事が終わって家に帰宅した時、仕事が休みの時など。

 

立ち仕事を続けている人でも、ふくらはぎのケアができる時間は意外とあるものです。

 

1日中立ちっぱなし・歩きっぱなしでそんな気力もわかない…

 

と思うかもしれません。

 

でも、ふくらはぎのケアは、立ち仕事をする人にはとても大切なことなのです。

 

むくみ防止はもちろん、筋肉痛の緩和や、腰痛予防にもつながります。

 

ポイントは、ケアをする前に、一度血行をゆるやかにしておくこと。

 

お風呂に入って全身を温めるなどしてから、ふくらはぎのマッサージを行いましょう。

 

足首から膝、つまり下から上にかけて、少し強めの力で、ふくらはぎを揉んでいきます。

 

ちょっと痛いかな?と感じる程度の力を込めてください。

 

溜まった血流を、心臓に押し上げるようなイメージを浮かべながらやると効果的です。

 

時間は片足5分程度。テレビを見ながら、音楽を聴きながらでも構いません。

 

どんなスタイルであっても、続けることが大切です。

 

すぐに効果を実感するのは難しいかもしれませんが、継続することで立ち仕事の負担も軽減されるはずです。

 

足のむくみ・筋肉痛に悩んでいる方は、今日からでも実践してみてください。

スポンサーリンク