何でふくらはぎの左右の太さが違うの?骨盤歪みとの関係について解説

自分のふくらはぎや太ももを見てみると、少し左右の太さのサイズが違うと感じてしまう人もいらっしゃるでしょう。

 

ふくらはぎの左右の太さのサイズの違いなどが気になるという方は、それらの原因を知ることによって改善を行うことが可能です。

 

左右の太さの違いというのは、基本的には変わらないものです。

 

ふくらはぎと太ももというのは、筋肉と脂肪でサイズに違いが出ます。

 

スポーツをされているという方は、左右の筋肉量の違いによって左右の太さが違うという方もいらっしゃるのです。

 

ですが、日頃からスポーツをされておらず、普通に生活をする際には筋肉量によってサイズに違いが出るというケースは滅多にありません。

 

それでは、どうして左右の太さに違いが出てきてしまうのかを説明していきましょう。

 

健康で美しい日常生活を送っていれば、ふくらはぎなどの左右の太さというのに違いが出ません。

 

ですが、日常生活の中に自分だけの癖というのもが出てきてしまいます。

 

特に重心の掛け方が大きなポイントです。

 

一度自分で立ってみて、どちらに重心を掛けているのかチェックしてみましょう。

 

左右両方の足に重心が掛るように立っているのであれば問題ありませんが、左右のどちらかの足に体重を掛けて立っているという場合には骨盤に負荷がかかり、歪みを産んでしまうのです。これが左右の太さの違いを生み出してしまっています。

 

左右の太さの違いというのは、骨盤の歪みでもありますので、骨盤を矯正させることによって歪みを正して、左右の太さに違いが出ないようにしていくことが出来るでしょう。

スポンサーリンク