自分でも簡単?ふくらはぎにお灸を据えるとこんな効果が期待できる

ふくらはぎにお灸をするとどんな効果があるのか?さまざまな症状を改善してくれます。

 

ふくらはぎは身体にとっても欠かせない部分です。

 

ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれているように、血液の循環において重要な役割を担っています。

 

冷え性などの悩みを抱えている方というのは、ふくらはぎの血液の循環が悪いことが考えられます。

 

血液の循環が良くなることにより、冷え性やむくみなどの悩みを解決していくことが出来るでしょう。

 

第二の心臓であるふくらはぎの働きを活発にさせることを意識して下さい。

 

冷え性やむくみを改善していくためにオススメできるのは「お灸」です。

 

西洋医学ではなく、東洋医学も取り入れていかれることで冷え性などの改善にお灸の効果が現れていくでしょう。

 

鍼灸師などはツボにお灸をすえることにより、身体の悪い部分を改善していきます。

 

鍼灸師のところに通われるのが一番ではありますが、忙しい時間の中で通うのは厳しいというのであれば、自分でお灸などを行われるのも良いです。

 

お灸が厳しいというのであれば、ツボを知っておき、押すだけでも改善することが出来ます。

 

むくみや冷え性などに効果があるツボは「承山」です。

 

この「承山」は、ふくらはぎの中央にあるツボになります。

 

この部分をツボとして押すだけでも効果がありますが、全体的に温めていくのも効果が高いです。

 

お灸を据えるのが厳しいというのであれば、温灸器などを利用されるのも1つの手となります。

 

温灸器であれば、自分自身でも気軽に利用していくことが出来るでしょう。

 

温灸器で承山を温めるのであれば、ふくらはぎだけを行って下さい。

 

他の部分も一緒に温めると、効果が薄くなってしまいます。

スポンサーリンク