その塩分大丈夫?ふくらはぎのむくみの原因は塩分の過剰摂取ですよ!

塩分をとりすぎると、ふくらはぎがむくんでしまうというのはご存知だと思います。

 

ふくらはぎのむくみが気になってしまう女性は沢山いるでしょう。

 

むくみによる悩みというのは、女性の8割が抱えていると言われています。

 

ふくらはぎがむくんでしまっていることによって、足が太く見えてしまうこともありますので女性は気になってしまうでしょう。

 

きちんとむくみの対策などを行っていけば、むくみは解消されていき、脚やせなどの部分的に痩せることも実現していきます。

 

むくみがある状態では、足というのは痩せにくくなってしまいますのできちんとむくみの解消は意識していかなければいけないのです。

 

ふくらはぎなどの部分痩せを行う際には、食事療法などを意識されない方が多いのですが、脚やせを行う際にもきちんと食事は意識する必要があります。

 

食事を摂取する際に、注意して欲しいのは水分と塩分になります。

 

塩分を多量に摂取してしまいますと、むくみの原因となってしまうのです。

 

現代の食事というのは、過剰に塩分を摂取する傾向にあります。

 

塩分量などを意識せずに生活を行っていると、必要以上の塩分を摂取していることになるでしょう。

 

成人の塩分の摂取量の目標値というのは、男性は10グラム未満、女性は8グラム未満になります。

 

1日での摂取量になりますので、それ以下に抑えるようにしましょう。

 

現代人は1日あたり平均で12グラム程度摂取していると言われていますので、女性であれば4グラムもオーバーしています。

 

日頃からきちんと塩分の摂取は控えるように意識するだけで、むくみも大きく改善していくことでしょう。

 

そして水分量に関しては、適度に飲むのがベストです。

 

飲み過ぎてしまったり、冷たい水をのむのはむくみにとっては悪影響になります。

スポンサーリンク