痙攣したふくらはぎの対処方法!予防法と栄養の関係についても解説

ふくらはぎがつるという経験は人生で1度はあるでしょう。

 

このふくらはぎがつるというのは、筋肉痙攣の一種なのです。

 

ふくらはぎがつっているのは、痙攣しているということだと認識しておきみあしょう。

 

筋肉やその周辺の筋が許容範囲以上に伸びてしまうことにより、筋肉痙攣は起こってしまいます。

 

寝ているときに、ふくらはぎがつって起きてしまうというのは、筋肉の筋や腱が伸びてしまっているからです。

 

ふくらはぎが痙攣してしまう原因というのは2つあります。

 

1つは肉体疲労です。

 

久しぶりに運動などを行った際には、身体に大きく負担をかけてしまうことになります。

 

疲れている状態の時には、ふくらはぎが痙攣しやすいですので良くマッサージしたりなどして疲れを癒してあげる必要があります。

 

そして栄養不足のときにも、ふくらはぎは痙攣しやすい状態になりますのでミネラルが不足しないように気をつけましょう。

 

特にカルシウム、マグネシウム、カリウムなどが不足すると、ふくらはぎが痙攣しやすくなりますので気をつけてください。

 

夜中に突然、ふくらはぎが痙攣した際にはストレッチなどで対処するのが良いでしょう。

 

ふくらはぎが痙攣しているのは、筋肉が縮んでいる状態で伸び難くなっています。

 

ストレッチをする際には、筋肉をゆっくりと伸ばすようにして行っていきましょう。

 

急激に伸ばしたりすると悪影響を与えてしまうことになりますので、ゆっくりと伸ばして筋などに負担をかけないようにするのが大切です。

スポンサーリンク