130万人が悩みを抱えるふくらはぎがうずく原因と解消方法

ふくらはぎがうずくことが原因で不眠症になっている方が増えています。

 

不眠症の原因にもなっている、ふくらはぎがうずくのは「むずむず脚症候群」とも呼ばれており、130万人もの人が悩みを抱えている病気だと言われているのです。

 

まだまだ世間での認知度が低い病気ではありますが、130万人もの人が悩んでいる病気の1つになります。

 

むずむず脚症候群と呼ばれていますが、医学用語では「レストレスレッグス症候群」という呼び方になります。

 

こちらの方でも覚えておかれると良いでしょう。

 

このレストレスレッグス症候群は、リラックスしている状態の時や、じっとしている状態の時に、ふくらはぎに違和感を覚えてしまう病気です。

 

人によってレストレスレッグス症候群にも違いがあり、少し違和感を感じる、むずむずするという程度の人も居ますがそれ以上に火照り、掻きむしりたいほど気になるという人まで居るのです。

 

症状の重さというのは人によって違いがあると言えます。

 

このレストレスレッグス症候群を解消するので手っ取り早いのは、足を動かすということです。

 

足を動かすだけで楽になるという人が多いのも特徴として挙げられるでしょう。

 

少しでもむずむずしたりした場合には、足を動かすだけで対処することが可能です。

 

このレストレスレッグス症候群の症状というのは、夜に多く現れるという特徴も持っています。

 

眠りかけた状態になると現れるという方も多いです。

 

これは脳内のドーパミンが正常に働いていないという説が有効であるからだと考えられます。

スポンサーリンク