なぜ?ふくらはぎの内出血の原因は?3段階のいつ病院に行く?

ふくらはぎが内出血を起こしてしまっている場合には肉離れであることを疑っていく必要があります。

 

肉離れはは筋肉系のトラブルなので、内出血とは無関係というイメージを描いている人が居ます。

 

ですが、それは間違っています。

 

肉離れになった人の中には内出血を起こすというのは珍しくありません。

 

もしもふくらはぎが内出血で痛みがあるというのであれば、肉離れと判断して病院に行くことをオススメします。

 

ふくらはぎの肉離れは主に3段階に分かれています。

 

初期段階であればふくらはぎに内出血が起こるというケースは珍しいでしょう。

 

初期段階では違和感や不快感程度しかありません。

 

痛みを感じることが少ないので放置して、いつの間にか肉離れが治ってしまっていることが多いです。

 

初期段階であれば無理をしなければ問題なく肉離れは治りますが、無理をしてしまったら肉離れが深刻になるので気をつけましょう。

 

そして2段階目では痛みが伴ってしまいます。

 

この2段階目以降が内出血をしてしまうというケースが多いのです。

 

ふくらはぎが内出血になってしまている場合で痛みがあるならばほぼ肉離れと判断出来ます。

 

生活をすることは辛うじて出来る段階ですが、無理をすると更に悪化してしまいます。

 

ここまで症状が悪化したなら直ぐに治療を行う必要があります。

 

そして最後の段階になりますと、動くこともままなりません。

 

動くことも厳しくなってしまい、松葉杖がないと生活を行えないというレベルにまで達するのです。

 

この3段階目になると治療を行っていくのに結構な時間を要してしまいます。

 

ふくらはぎの肉離れと甘くみてしまうと後悔することになりますので、早いうちに医師に診断をしてもらうのがオススメです。

スポンサーリンク