ふくらはぎが痛む原因を徹底解明!痛み別対処法をお教えします!

日常生活の中で、ふくらはぎが痛む、と感じることはありませんか?

 

寝起きのときや運動の後など一時的な痛みから、慢性的な痛みまで。

 

ふくらはぎが痛むといっても、様々な形があります。

 

寝起きにふくらはぎが痛むときは、こむら返りという症状が出ている証です。

 

ふくらはぎが痛む時の程度は様々ですが、時には布団の上でのたうちまわるほど痛みが出るときもあります。

 

この時は、ふくらはぎを心臓より高い位置に持っていき、血液の循環を促すのが効果的です。

 

また、運動の後に起こる痛む症状は、ふくらはぎの肉離れが起きている証拠。

 

重症化させないためにも、痛みがある場所を固定して、医師の診察を受けることが大切です。

 

こうした突発的な痛みも含めて、ふくらはぎが痛むときは、何らかの病気・けがの前兆を表しています。

 

ふくらはぎが痛むのは疲れのせい?と思って軽く見ていると、その症状は悪化してしまいます。

 

もしあなたが高度肥満体型でふくらはぎが痛むなら、動脈硬化に気を付けてください。

 

ふくらはぎを含めて足が重い・冷える、歩くと痛むが休めば痛む症状が消える。

 

これらは動脈硬化の初期症状です。

 

信仰すると、脳梗塞・筋梗塞という病を引き起こす可能性もありますから、生活習慣を見直し、ダイエットを始めることが賢明です。

 

長時間座ったままでふくらはぎが痛むときは、エコノミークラス症候群(静脈血栓症)も考えられます。

 

呼吸困難や失神を起こす可能性もあるため、水分補給や、ふくらはぎや足をこまめに動かすことを意識してください。

 

特にデスクワーク中心のお仕事をされている方に多くみられる症状なので、単なるむくみと思わず、日ごろからふくらはぎの対処を心がけておくことが大切です。

 

ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれ、下半身に血液を循環させる大切な役割を担っています。

 

その場所に痛む症状が起きたとき。

 

重大な病が体に襲い掛かろうとしているのです。

 

ふくらはぎのマッサージを毎日行う、意識して足を動かすなどの行動をし、これらの病気を予防しましょう。

スポンサーリンク