ふくらはぎのマッサージが痛い原因と知っておきたい正しいマッサージ方法

ふくらはぎのマッサージで激しく痛いと感じることがありますよね。今回は、そんな痛みの原因と、正しいマッサージ方法について解説します。

 

マッサージの時に痛みを感じる原因はリンパの流れと血液の流れが関係

ふくらはぎのリンパの流れが悪くなったり、血液の流れが滞っているから浮腫みや張りが出てしまい、それがマッサージの時の痛みにつながります。仕事がデスクワークという人はふくらはぎなどが浮腫み易くなりますので定期的にマッサージをするように心掛けていきましょう。

 

スポンサーリンク

痛みがとれる効果的な正しいマッサージのやりかた

まず最初にふくらはぎのマッサージをしていく時には左右の硬さを確認していきましょう。どちらかの足のほうが硬くなってしまっていたりすることもあります。そして膝裏を両手の親指でしっかりと押して下さい。

 

この時にはゆっくりと深呼吸しながらマッサージをすることが大事です。深呼吸で息を履いている時に3回ほど押していきましょう。この部分のマッサージは腰痛にも効くツボがありますので、腰痛で悩まれている方にも効果があります。

 

次に足首の内側のツボをマッサージで刺激していきましょう。両手の親指を使って足首を押して下さい。この部分は浮腫みに効果があるツボになりますので、浮腫みで悩みを抱えて居る方はしっかりと押していきましょう。最後にふくらはぎをしっかりとマッサージしていきます。

 

両手で足首を掴んだ状態で膝下まで引き上げるような形でマッサージをしていくのが効果的です。このようにリンパの流れに沿ってふくらはぎをマッサージを行っていくと高い効果が期待できます。

 

スポンサーリンク

ふくらはぎは第二の心臓!間違ったマッサージを行わないように注意!

闇雲にただふくらはぎを叩いたりするだけではマッサージとは言えません。しっかりとリンパの流れに沿って、マッサージをすることを意識するようにして下さい。ふくらはぎは第二の心臓とも言われているほど、血液の循環にとって大切な場所です。

 

その場所をマッサージしていくことによって、血液の循環が良くなります。ふくらはぎのマッサージをしていきますと、基礎代謝が高まり余計な脂肪を落としていくことにも繋がります。ダイエットにも効果がありますので、ふくらはぎの脂肪を落としたいと考えている人は積極的にマッサージを行うようにしましょう。

マッサージをすることによって老廃物の排泄などで健康体に

ふくらはぎのマッサージは老廃物の排泄、免疫力の工場、血圧の安定、肌荒れの改善などの効果を得ることが出来るのです。ふくらはぎのマッサージは痛くなければ効果が無いと思っている人もいますが、無理して痛いマッサージをする必要はありません。

 

痛いと感じるのは強く押しすぎたりしていることも一つの原因です。確かにふくらはぎのマッサージを行っていく時には、少し痛いと感じる程度の強さでするのが一番です。ですが、無理して強く押して、痛いのを耐えながらマッサージをする必要はありません。

 

そしてマッサージを行っていく時には必ず下から心臓に向かってマッサージを行うようにして下さい。足首から膝下にかけてマッサージを行うのがベストです。膝下から足首にかけてマッサージを行っている人も居るのですが、これでは血液が心臓から離れていくことになります。

 

血液の循環と逆の方向にマッサージしていることになり意味がなくなってしまうので、きちんと足首から膝下にかけてちょっとだけ痛いかなという程度でマッサージすることがポイントです。

スポンサーリンク