ふくらはぎのむくみが痛いのはなんで?意外な生活習慣と対処法について言及!

ふくらはぎにむくみができるだけじゃなくて、痛いと感じる。

 

歩くのがつらいほど痛い。

 

このように、むくみと痛みが同時に現れる場合があります。

 

そもそも、ふくらはぎにむくみができるのは、長時間同じ姿勢を続けていることで足の血流が鈍くなり、上半身に上がりにくくなってしまうことが原因です。

 

痛いほどむくみができるのは、それだけ血流が滞っている証です。

 

たまった血液が神経や筋肉を圧迫して、痛みを感じてしまうのです。

 

もともと下半身は血液の流れが滞りやすい部分なので、長時間立ちっぱなし・座りっぱなしの姿勢を続けていると、ふくらはぎの痛みが起きやすいのです。

 

ふくらはぎのむくみと痛みを解消するには、定期的に足を動かすことが大切です。

 

デスクワークをされている方なら、1時間ごとに足を上げて、足首を動かしたり。

 

立ち仕事をされている方は、そのまま足首を回してみたりと、とにかく足の姿勢を定期的に変えることが、むくみと痛みの解消に効果的です。

 

足を動かすと同時に効果的なのが、マッサージを行うこと。

 

仕事が終わって帰宅し、入浴時や入浴後の体が温まっているときにふくらはぎをもむと、より血流が促進されるので、翌日へのダメージが残りにくくなります。

 

仕事柄、どうしてもふくらはぎのむくみや痛みができてしまう。

 

そんな方は、仕事中と仕事後の足のケアをまめに行うことで、症状が改善できますよ。

 

忙しくてケアする時間がない!という方には、市販のサポーターなどがあります。

 

こうしたグッズを使ってふくらはぎをケアして、むくみと痛みの対策をしてください。

スポンサーリンク