ふくらはぎボトックスの効果には個人差あり?効果の期間は?

ふくらはぎにボトックス注射を打つと言われる方も、よくいると聞きます。

 

ボトックス注射とは、筋肉を鎮静させてくれる効果があり、筋肉太りで気になる部分をスッキリと細身に仕上げてくれる施術です。

 

特に顔や太もも、ふくらはぎなどの太い筋肉が気に なる部位を痩せる為に使われることが多いです。

 

そんなボトックスの効果とはどういったものでしょうか。

 

まず太ももやふくらはぎなどの痩せたい箇所に印をつけて、ボトックス注射をします。

 

大体施術は5分程度とかなり短い時間で終わります。

 

ボトックス注射をするとそれまで気になっていた、ふくらはぎや太ももの筋肉太りを起こしていた部分が、徐々にスッキリしてきます。

 

痛みや違和感なども少ない為、すぐに私生活に戻れるのも魅力の一つですね。

 

注射も針自体がかなり細いというのもありますが、施術前に麻酔が入ったクリームを太ももあるいはふくらはぎに塗り混みますので、痛みも感じずに、安心して施術に望んでいただけます。

 

大体この太もものボトックス注射の効果が持続するのが、約半年だと言われています。

 

個人差は多少ありますが、続けていくうちに段々効果が現れてくると言われています。

 

ボトックス注射一回で、効果がてきめんに出る方もいれば、中々何回か施術しないと効果が出ない方もいるので、そこだけ注意していて下さい。

 

また、ふくらはぎや太ももに注射をした後に、軽い筋肉痛が4・5日続くなんてこともあるそうですが、特に筋肉に異常が出てしまうなんてことはありませんので、安心していただければと思います。

スポンサーリンク