1日数分!ふくらはぎの内側を簡単に鍛える方法について詳しく解説!

ふくらはぎのO脚などで悩みを抱えている人というのは多いでしょう。

 

O脚で悩みを抱えている人は、ふくらはぎの内側のトレーニングを行うことをオススメします。

 

ふくらはぎの内側をしっかりと鍛えることによって、O脚を脱却していくことが出来るでしょう。

 

もちろん、内側を鍛えるだけでは完璧に脱却することが出来るわけではありません。

 

内側を鍛える以外にも様々な要素を取り入れるようにして下さい。

 

それだけO脚というのは治りにくいものなのです。

 

ふくらはぎの内側の筋肉トレーニングを行っていく場合には、両足を揃えてしっかりと立ちましょう。

 

まっすぐに立つのがポイントです。鏡の前などでまっすぐに立っているのか確認して下さい。

 

そして、つま先立ちします。つま先立ちしたらゆっくりと踵を戻して下さい。

 

1センチ以上は踵を浮かすように意識しましょう。

 

これを20回ほどを毎日繰り返します。1日たったの数分で出来るトレーニングになりますので、暇な時間がある時にでも行うようにして下さい。

 

他にも座る時には内側の内転筋を鍛えるようにして下さい。

 

内側の内転筋を鍛える為には、足を揃えて座ります。

 

天井から頭の上を引っ張っられているようなイメージで上半身を伸ばして下さい。

 

膝の角度は90度から動かさないようにしましょう。

 

ふくらはぎがO脚の人は足が綺麗に見え難いです。

 

足は細いのにO脚で悩んでいる人も沢山いらっしゃいます。

 

ふくらはぎのO脚は癖のようなものなので、その癖を治していかなければいけません。

 

O脚は内側を意識すれば、しっかりと治っていきますので努力していきましょう!

スポンサーリンク