ふくらはぎの疲労を感じたら効果的な3つの方法でサクッと解消しましょう!

ふくらはぎは体の中でも重要な器官の一つ。

 

痛みやむくみがあれば、疲労がたまっている証拠。

 

この痛みやむくみの程度が低いと、ただの疲労か、と思って放っておきがちですが、徐々に蓄積していくと、様々な病気を招く原因にもなります。

 

また、むくみも進んでいき、取り除くのに時間がかかることも。

 

これが新たなふくらはぎの疲労を招き、更に放っておくことで負のスパイラルが発生します。

 

ふくらはぎのケアをすることは、単に疲労解消だけでなく、病気やけが予防、足痩せにもつながります。

 

ふくらはぎの疲労解消方法は簡単なので、ぜひ実践してみてください。

 

まずは寝ているだけでできるケアです。

 

枕に足を乗せて、心臓よりふくらはぎを高くするだけ。

 

丸めたバスタオルなどでも代用可能です。

 

こうすると、下半身に滞っていた血流が促進され、全身に行きわたるようになります。

 

毎日の睡眠時に利用してみてください。

 

また、体が温まっているお風呂上りのリンパマッサージもお勧めです。

 

足の指の間に手の指を入れて、ゆっくりと回したり、足の裏やふくらはぎを強めにもむことで、むくみを取り除くことができ疲労解消にます。

 

栄養面では、疲労回復効果のあるクエン酸・アミノ酸の摂取を忘れずに。

 

特にアミノ酸は、水分補給だけでなく、美肌や脂肪燃焼の手助けをしてくれるので、お風呂上りや寝る前に飲むのがよいでしょう。

 

アミノ酸は市販のスポーツドリンクで摂取が可能です。

 

クエン酸は酸っぱい食べ物に含まれているので、梅干しやレモン、グレープフルーツなどを食べてみてください。

 

疲労は溜めこむと、体のあちこちに害をなします。たまった疲労はその日のうちに出す、と思って、ふくらはぎのマッサージや食事をしてください。

スポンサーリンク