ロードバイクのペダリングは本当にふくらはぎが重要なのか?

ロードバイクを楽しんでいる方であれば、ロードバイクの性能だけでなくペダリングの方法にも興味があるに違いありません。

 

ペダリングの方法によって体の疲れ具合も変われば走るスピードも大きく変わってくるからです。

 

いかに無駄なく、スムーズに漕いだ力をクランクに伝えるかがポイントになります。

 

実際にプロのロードレーサーを見てみると、ふくらはぎが非常に細いということに気づきます。

 

プロのロードレーサーであればきっとしっかりふくらはぎを鍛えて太くなっているのだろうと思うかもしれませんが、実はそうではないのです。

 

もちろんふくらはぎの筋肉は人種によって付き方が違うので一概に細ければペダリングがうまいというわけではありません。

 

しかし本当に上手なペダリングは、太ももを使ったものなのです。

 

ふくらはぎを多く使うペダリングでは、クランクアームが長すぎたり、膝やペダルの位置が悪かったりして効率が悪くなります。

 

一方で太ももを使ったペダリングは、グッと太ももでペダルを押し込みその後はクランクを自然に回らせるという方法です。

 

この方法であればふくらはぎはそれほど働かなくてもすむため、疲れもたまらず長距離を移動することができます。

 

さらにペダリングでは拇指球を使うとよく言われますが、この方法でもふくらはぎが疲れてしまいがちになります。

 

慣れるまでは足の裏全体でペダリングして長距離を乗れるようにしましょう。

 

ちょっとした工夫でペダリングは飛躍的に上手になるのです。

スポンサーリンク