短距離を速く走るためにはふくらはぎが超重要!ケアもの方法も伝授!

陸上競技の中でも、短距離走のように瞬発力を必要とする種目において、ふくらはぎの筋肉は重要な役割を発揮します。

 

例えるならば、瞬時に加速し、そのスピードを保ったままゴールまで導くブースター。

 

それだけに、ふくらはぎを鍛えることはもちろん、怪我やトレーニング後のアフターケアも大切なのです。

 

短距離走で最も多いふくらはぎのトラブルは、肉離れ。

 

プロの選手はもちろん、一般人の方でも多いトラブルの一つです。

 

短距離走はその特性上、一気にふくらはぎの筋肉に力をかける必要があります。

 

この時、ふくらはぎに疲労が蓄積していたり、筋肉をきちんとほぐしていなかったりすると、内出血と激痛を伴う肉離れが発生するのです。

 

特にふくらはぎの肉離れは、再発の危険が高い場所でもありますので、短距離走を始めとする、ふくらはぎに大きな負荷がかかるようなスポーツをされている方は、準備運動とアフターケアをしっかり行ってください。

 

準備運動では、ふくらはぎの筋肉を伸ばして柔らかくしておいたり、軽いランニング程度で走ることに足を適応させておくこと。

 

アフターケアでは、水分補給でふくらはぎの血流をスムーズにしたり、マッサージをして筋肉が固くならないようにすること。

 

これらを行うことは、怪我防止はもちろん、ふくらはぎに疲労をためない効果もあります。

 

急な運動をして、翌日は肉離れや筋肉痛…なんてことには、なりたくないですよね。

 

特に仕事と運動を両立されている方は、運動の疲れを残さないように、しっかりとケアをしてください。

スポンサーリンク