近年話題!ふくらはぎを叩くことで筋ポンプ作用を活性化!

近年話題になっている、ふくらはぎを「もむ」という行為は、むくみ解消はもちろんのこと、腰痛改善、健康維持、足痩せなど、様々な方面で効果を発揮しています。

 

実は、ふくらはぎをもむことと同じくらい注目を浴びている行為が、もう一つあります。

 

それは、ふくらはぎを「叩く」事です。

 

一見似たような行動に思えますが、ふくらはぎを叩くことには、それなりの意味があるのです。

 

ふくらはぎには「筋ポンプ作用」という役割があります。

 

簡単に説明すると、下半身の血流をコントロールする機能のことで、この筋ポンプ作用をスムーズに働かせることこそが、美しく丈夫な体づくりの基本となるのです。

 

筋ポンプ作用を活性化させるには、外側からふくらはぎを叩くことで刺激を与え、血流を良くしていく必要があります。

 

ポイントは、ふくらはぎの叩き方。

 

両てのひらでふくらはぎを包むようにして、叩いてください。

 

少し痛いと感じるほど、力を入れて叩きます。

 

ふくらはぎ全体を、まんべんなく包むように叩いていきましょう。

 

時間は両足合わせて5分程度。

 

お風呂上りなど、体が温まっているときに行うと効果的です。

 

運動不足で筋力が低下し、ふくらはぎがたるんでしまった人には、毎日の叩くエクササイズはとても効果的です。

 

反対に、立ち仕事を続けていたり、激しいスポーツをして筋肉を酷使している人は、もむことで筋肉をほぐすことが効果的です。

 

自分のライフスタイルに合わせて「もむ」と「叩く」を使い分けていきましょう。

スポンサーリンク