マジで大切!ふくらはぎの血行は体のポンプ機能として超重要!

ふくらはぎという部分は血行が大きく関係していて第二の心臓とも呼ばれているほど大切なことを知っているでしょうか。血液を心臓に返すという血行の役割をしているのが、ふくらはぎなのです。血行のポンプの機能を担っていますので、身体に栄養や酵素を行き届かせるために働いています。

 

スポンサーリンク

ふくらはぎの筋肉が血行を良くするポンプの補助をすることが大切!

ふくらはぎの筋肉も、人間にとっては重要な部分です。筋肉というのは身体全体についているものなのですが、全体の3分の2は足に集中しています。そしてその中でも特に重要な役割を果たしているのがふくらはぎの筋肉です。

 

ふくらはぎの筋肉が活動することにより、ミルキングアクションが成立しているのです。ふくらはぎの筋肉が弱くなってしまいますと、血行の流れが悪くなってしまい血液の流れがスムーズにいかなくなります。

 

ふくらはぎの筋肉がミルキングアクションを起こすことにより、ポンプの役割を果たして、心臓へと血液を運ぶことが出来ます。ふくらはぎのミルキングアクションがしっかりと働いていない状況の時には、高血圧になりやすくなるので注意しなければいけません。

 

スポンサーリンク

ふくらはぎの血行が悪くなると高血圧の可能性も?

ふくらはぎのポンプが弱いと心臓や血管に負担をかけることになりますので、高血圧になってしまうのです。このように血行の流れが悪くなるだけで、人間の身体というのは病気を患ってしまう可能性があるということです。ふくらはぎはそれだけ人間の身体にとって重要な部分であり、ケアなどはしっかりとしていく必要があります。

 

ふくらはぎの機能が正常に働いていないと、冷え性やのぼせ、むくみなどの症状も出てきます。血行の流れが悪くなるというのは、それだけ身体に栄養が行き渡らないということなのだと認識しておいて下さい。

スポンサーリンク