ふくらはぎの筋肥大はどうやるのが効果的?その秘密は筋肉構造にあり!?

ふくらはぎの筋肉を鍛えて筋肥大していきたいと思ったら、先ずはふくらはぎの筋肉構造を理解しましょう。

 

ふくらはぎの筋肉というのは、下腿三頭筋と呼びます。

 

これはふくらはぎの筋肉を総称している呼び名であって、ふくはぎの筋肉というのは2種類分かれているのです。

 

ふくらはぎの筋肉というのはヒラメ筋と腓腹筋に分かれています。

 

これらを鍛えることによって、筋肥大を行っていく必要があります。

 

腓腹筋に関しては、内腓腹筋と外腓腹筋に分かれていますので、これも覚えておかれると良いでしょう。

 

ふくらはぎを出来る限り早く筋肥大させたい!と思っても、なかなか思うどおりにはいきません。

 

その理由はふくらはぎの筋肉というのは、遅筋が多い筋肉だからです。

 

筋肉にも速筋と遅筋に分かれており、瞬発して出す力の速筋と、長時間使うことが出来る遅筋に分かれています。

 

ふくらはぎの筋肉というのは、遅筋が多くなりますので筋肥大をする上では時間が掛かってしまうのは仕方のないことです。

 

短時間ではなく長期的な視野でふくらはぎの筋肉を鍛えていくことを意識するようにして下さい。

 

ふくはらぎの部分だけを鍛えてトレーニングを行うという日を作ってみましょう。

 

下半身のトレーニングなどを行っていく際には、ふくらはぎの部分のトレーニングを同時にすると負担も掛かってしまいます。

 

下半身のトレーニングを行わない日に、ふくらはぎの部分のトレーニングを行って鍛えていくというように意識される方が全体的に鍛えて筋肥大させていくことが出来るでしょう。

スポンサーリンク