どんな構造?ふくらはぎのメカニズムについて解剖!ストレッチとの意外な関係とは?

ふくらはぎのダイエットには筋肉構造の理解が必要不可欠です。

 

ふくらはぎの部分痩せを行うさいには「ストレッチ」をするのは大切です。

 

ストレッチを行うことによって、むくみなども改善されていきますので積極的に取り入れていきましょう。

 

ストレッチなどを行っていく際には、きちんとふくらはぎの筋肉構造などは理解されておくべきです。

 

ふくらはぎには、どのような筋肉があるのかご存知でしょうか。

 

ふくらはぎの筋肉の構造というのは、ヒラメ筋、腓腹筋に分かれています。

 

ヒラメ筋はふくらはぎから足首に繋がっている筋肉です。

 

そして腓腹筋は膝裏からかかとまで繋がっている筋肉となります。

 

ふくらはぎの膨らみというのは、この腓腹筋が作っているのです。

 

ふくらはぎのストレッチを行っていく際には、ふくらはぎを構造している筋肉を解していくことが大切なポイントとなっていくのです。

 

どちらかの筋肉だけではなく、両方の筋肉を解していくことを考えてストレッチするようにして下さい。

 

ふくらはぎのストレッチを行っていく際には3つ気をつけなければいけないことがあります。

 

先ずは負荷をかけ過ぎないという点です。

 

痛みを伴うようなストレッチは禁物です。

 

痛みを伴うようなストレッチを行ってしまうと、筋肉が硬くなってしまいます。

 

シンスプリントになってしまい最悪の場合には、疲労骨折をしてしまう恐れもありますので痛みが伴わない程度にストレッチしましょう。

 

そして息を止めずにストレッチをします。

 

しっかりと自然に呼吸をしながらストレッチをするのがポイントです。

 

時間に関しても短時間で行うのではなく、30秒程度の時間ストレッチをするようにしましょう。

スポンサーリンク