ふくらはぎを医療用語では何と言う?こむら返りの医療用語はさらに難しいですよ

一般的にはふくらはぎという呼び方でも問題ありませんが、医療用語ではふくらはぎという呼び方は使われません。医療用語ではふくらはぎという部分は、腓腹部(ひふくぶ)という呼ばれ方をしています。

 

スポンサーリンク

 

 

病院などに行かれた際に、医者の方は分かり易くふくらはぎと呼ぶようにしていますが医療用語では腓腹部という呼び方が一般的となっています。

 

寝ている際にふくらはぎが突然つってしまって目が覚めたという経験をしたことが1度はあるのではないでしょうか。このふくらはぎが突然痙攣する、つるという症状のことを「こむら返り」と呼んでいる人は多いです。

 

医療用語ではこのこむら返りのことを、「有痛性強直性筋けいれん」や「腓腹筋(ひふくきん)けいれん」と読んでいます。難しい呼び方になると、分からないという方も居ますが、医療用語は基本的に難しく呼ぶことになりますので、覚えておかれると良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

なぜこむら返りが起こってしまうのか?

それではどうしてこむら返りという症状が起きてしまうのかと言うと、日頃から運動していない人や水泳、立ち仕事などで筋肉が疲れてしまうことで起こりやすくなります。こむら返りが起こる人は運動不足の人、高齢者の方が多いのも特徴として挙げることが出来るでしょう。

 

こむら返りが起こった際には、基本的に痛みが収まるまで放置してしまうことが多いです。もしもこむら返りが起こった際には、きちんと対処していくことを考えていきましょう。こむら返りが起こった際には、つった筋肉をゆっくりと延ばしてあげると良いでしょう。

スポンサーリンク