成長期にありがちな子供のふくらはぎの痛みはこんな原因があります

ふくらはぎの痛みは、大人はもちろん子供にも起こりうる症状です。

 

原因は様々ですが、大きく分けると2つの傾向があります。

 

1つは、ふくらはぎに過剰な負担をかけること。

 

部活・クラブ活動などで激しい運動をしていると、肉離れなどでふくらはぎに痛みを感じることがあります。

 

また、成長期で急激に体格が変化するときに伴う「成長痛」という痛みも、ふくらはぎに現れることがあります。

 

子供の体は大人と比べると機能が未発達な部分が多く、徐々に成長していくものですが、体格が急速に変化しやすい成長期には、体に負担がかかりやすくなります。

 

お子さんが何らかの痛みを訴えたり、それが長期間続くようなら、何らかの病気の前兆かもしれません。

 

これが、もう1つのふくらはぎの痛みの原因です。

 

例えば、小学校高学年〜中学生程度の子供が発症しやすいといわれる「オスグット病」があります。

 

これはひざ、あるいはその周辺(ふくらはぎや足全体など)に痛みを伴うのが特徴で、スポーツを頻繁に行う子供に発症しやすい病気です。

 

しかし、成長に伴って症状が治まってくるため、それほど心配することはありません。

 

足に強い痛みを抱えているときは安静にし、痛みが引くのを待つ。

 

痛みが引いても激しい運動は控える、運動前後のストレッチを忘れない。

 

といったことに気を付ければ、症状は悪化せずに改善へ向かっていきます。

 

基本的には成長と共に改善していくものですから、医師と相談しながら、運動の程度を調整していくのが望ましいです。

スポンサーリンク