実はこんなに化学的!ふくらはぎのむくみとりサポーターの効果について説明!

ドラッグストアや薬局などで販売されている、ふくらはぎのむくみとりサポーター。

 

就寝時に身に着けるだけという手軽さもあって、利用している方も多い商品です。

 

実はすごい!むくみとりサポーターの構造はどのようになっている?

 

セルフマッサージではなかなか取れないむくみを解消する秘訣は、サポーターの「圧力」にありました。

 

ふくらはぎにむくみができている状態だと、血流が滞り、下半身の血液が心臓に戻りにくくなってしまいます。

 

すると、血液中の水分が筋肉組織の間に染み出し、結果としてむくみができてしまいます。

 

長時間同じ姿勢を続けていたり、激しいスポーツをする習慣がつくと、筋肉がむくむ回数も増えて、ふくらはぎも太くなってしまいます。

 

サポーターには、むくみによって太くなってしまった筋肉をほぐすために、外側から筋肉へ圧力をかけ、内側にたまった水分を血管に戻す働きがあります。

 

一定時間サポーターを着けていれば、がんこなむくみも徐々に取れていくのです。

 

ふくらはぎのサポーターの特長

 

サポーターと言っても、がっちりとふくらはぎを固定するのではなく、徐々に圧力をかけてふくらはぎを締め付けていくような構造になっています。

 

なので、サポーターでむくんだ足を固定したほうが楽ですし、筋肉痛などの痛みも緩和されます。

 

ふくらはぎへ圧力をかけると言っても、全体に同じ圧力をかけるのではなく、部分的に圧力を変えているのがサポーターの特徴です。

 

むくみの痛みがそれほどひどくない、でも毎日の仕事が辛い。

 

という方には、むくみ改善策の一つとして、サポーターの着用をお勧めします。

スポンサーリンク