これでOK!サッカーをやる時のふくらはぎの怪我と肉離れ予防法!

サッカーと言えば、限られた時間の中でフィールドを駆け巡り、ふくらはぎを酷使するスポーツです。

 

相手の選手に追いつくとき、ボールを奪うとき、ゴールを決めるとき。

 

とにかくあらゆる場面でふくらはぎの力が求められるスポーツなので、怪我は付き物と言っても過言ではありません。

 

自らがサッカーをしたことがあるという方も、その時にふくらはぎの筋肉痛や肉離れなど、怪我に悩まされた時期はありませんでしたか?

 

あるいは現在サッカーをしている方、よくふくらはぎの筋肉痛や肉離れを起こしていませんか?

 

サッカーは足を酷使するスポーツであるだけに、ふくらはぎのケアがとても大切です。

 

そんなことは当たり前。と思っているかもしれませんが、もう一度、ふくらはぎのケアを見直して、サッカー中の怪我予防や手当の仕方をおさらいしておきましょう。

 

最も大切なことは、ふくらはぎの柔軟運動と、試合中の水分補給です。

 

試合の前には必ずウォーミングアップとして、足首とふくらはぎのストレッチをおこなったり、軽いランニングをしたりして、体の筋肉をほぐしておきます。

 

また、サッカーにはハーフタイム(休憩時間)がありますから、その間にしっかりと水分補給をすると同時に、ふくらはぎの状態をよく確認してください。

 

妙な痛みや、筋肉が張るような感覚があったらすぐに他の選手と交代して、ふくらはぎを休めるようにしましょう。

 

そのまま無理に体を動かすと、肉離れを起こす可能性もあります。

 

終了後はふくらはぎのケアとして、つま先立ちを繰り返したり、マッサージをして怪我を防止します。そうすれば、いつでも楽しく、サッカーが楽しめますよ。

スポンサーリンク