ママチャリの悲劇!自転車でふくらはぎが太くなる理由と予防法!

足のふくらはぎと言えば、痩せにくい箇所の一つですよね。

 

昔よく言われていたのが、「自転車を漕ぐとふくらはぎが痩せる」と言うものでしたが、逆に「自転車を漕ぐとふくらはぎに筋肉が付いて太く見える」とも言われています。

 

果たして、どちらが正しいのでしょうか。

 

実際まとめてみました。

 

ふくらはぎが痩せる漕ぎ方ですが、ママチャリやペダルの重い自転車だと、漕ぐ時に力を入れてしまいふくらはぎだけでなく、太ももや足裏にまで負担がかかります。

 

この負担がかかることで、全体的に筋肉量が増えて足が筋肉太りしてしまうのです。

 

なので、ふくらはぎに筋肉を付けないようにするには、軽くて漕ぎやすい自転車が理想です。

 

例えばロードバイクやピスト等、買うときにある程度値段が張るものは、軽量型であったり足に負担をかけず、ペダルをくるくる回すだけととても乗りやすくなっています。

 

ふくらはぎには、このペダルをくるくる回す行為によって、全く筋肉を使わない為、自転車に乗ることで痩せると言われているのです。

 

他にも、テレビショッピングやダイエットカタログによく掲載されている、エアロバイクなんかもそうですね。

 

ペダルを軽やかに漕ぐだけで、ふくらはぎの筋肉が落ちてスッキリするので、家でダイエットをしたい方にはエアロバイクがオススメです。

 

ただ、自転車でふくらはぎダイエットは、かなり高度なのでエアロバイクを買う等で器具を揃えるならする価値はありますが、ママチャリに乗る等すると、かえって筋肉量が増えてしまうので、そこだけ気をつけたいですね。

スポンサーリンク