ふくらはぎの総合情報記事一覧

ふくらはぎが張っていたり、浮腫んだりするのであればマッサージをして解消していきましょう。ふくらはぎのマッサージは張りや浮腫みだけに効果があるというわけではありません。ふくらはぎをマッサージするということは血行の流れを良くするという効果もあります。効果的に血行の流れが良くなりますと、体の健康にも良い影響を与えることが出来るのです。ふくらはぎは第二の心臓とも言われているほど血液の循環の中でも大切な部分...

ふくらはぎのマッサージ器には、様々な種類があります。一般的なマッサージ器はローラー型。値段も安く、手軽に使えることから、マッサージ器の愛用者も多くいます。ふくらはぎのマッサージ器の中には耐水性のものもあり、お風呂に入りながらマッサージを行えるのが特徴です。小型で場所を取らないマッサージ器は、出張や旅行のときも持っていけるのが便利ですね。また、少々値段は高くなりますが、ふくらはぎ全体を包み込むように...

ふくらはぎを揉むことで健康な体を手に入れることが出来ます。ふくらはぎを揉むというのは、それだけ大きな効果があると言えるのです。特にふくらはぎに張りや浮腫みを感じる人はふくらはぎを揉むことで体の健康を手に入れていきましょう。どうして、ふくらはぎを揉むだけで健康な体になることが出来るのでしょうか?簡単なことです。ふくらはぎを揉むということは体全体の血液の流れが良くなります。ふくらはぎの部分というのは心...

ふくらはぎが硬いという人は、体が健康的ではないと言われています。その逆にふくらはぎが柔らかいという人は体が健康的な証と言われているのです。もしも自分のふくらはぎが硬いという人は柔らかいふくらはぎの健康法を目指していく必要があります。ふくらはぎを柔らかくしていく為に必要な健康法とは「マッサージ」です。リンパのマッサージを行っていくことによって、ふくらはぎを柔らかくしていくのがふくらはぎの健康法です。...

ふくらはぎは体の中でも重要な器官の一つ。痛みやむくみがあれば、疲労がたまっている証拠。この痛みやむくみの程度が低いと、ただの疲労か、と思って放っておきがちですが、徐々に蓄積していくと、様々な病気を招く原因にもなります。また、むくみも進んでいき、取り除くのに時間がかかることも。これが新たなふくらはぎの疲労を招き、更に放っておくことで負のスパイラルが発生します。ふくらはぎのケアをすることは、単に疲労解...

皆さんは、自分の体形に合ったふくらはぎの太さがわかる方法があるとご存知でしょうか。ふくらはぎを細くしたい!と思っていても、単に細くするだけより、今の太さからどのくらい細くした方がいいか。という目標を立てた方が、ダイエットを続けやすいです。まずは自分のふくらはぎの太さを測ります。用意するものはメジャー。普段のふくらはぎの太さを正しく知るためにも、休みの日測るのがいいでしょう。中央より少し上にメジャー...

ふふくらはぎは第二の心臓とも言われているほど大切な部分です。そのリンパ部分をマッサージすることでどのような効果を得ることが出来るのかご説明します。ふくらはぎのリンパマッサージをすることによって血圧が安定します。血液の流れがよくなりますので、血圧も安定するのです。血圧が安定するということは心臓や腎臓の負担も少なくすることに繋がります。体の健康を維持するという意味では非常にリンパは大切なことであること...

ふくらはぎのダイエットを行っても一向に痩せることが出来ない。ダイエットというのは成功しない限りストレスが溜まってしまうものです。ストレスが溜まると、ついつい過食になってしまって更にダイエットが出来ないという悪循環に陥る人も少なくありません。もしもモチベーションが続かないというのであれば、脂肪吸引などの方法も視野に入れていく必要があるでしょう。美容整形外科などではふくらはぎや足首といった部分の脂肪吸...

ふくらはぎを痩せようと思っても、部分的な痩せは厳しいものです。努力をしても実るとは限りません。少しでも早くふくらはぎを痩せて美脚を手に入れたいと思っている人は整形手術を行うのも悪い判断ではありません。整形と聞くと抵抗があるのかもしれませんが、それほど大きな手術をするというわけではありません。ふくらはぎの整形手術というのは、ボトックス注射などが一般的です。ボトックス注射を打つことによって、肥大した筋...

ふくらはぎという部分は脂肪が付きにくいと言われています。脂肪が付きにくい箇所だからこそ、脂肪が付いてしまうと痩せにくいのです。ふくらはぎなど部分痩せをしようと思っても、なかなか成功することが出来ないという人はエステなどを利用していくことも検討していく必要があるかもしれません。ふくらはぎの脂肪が原因ではなく、筋肉が肥大してしまっていることが原因で太ってしまっているという人も居ます。ふくらはぎの筋肉が...

皆さんはボトックスという言葉を聞いたことがありますか。ボトックスとは、太くて痩せることが出来なくなってしまった筋肉を、細くする為の効果的な施術のことを言います。大体は顔やふくらはぎに使うことが多いです。ふくらはぎに関しては、育ちすぎた筋肉を中々自力で落とすことが出来ないので、筋肉太りを気にしている方は必見ですよね。そんなボトックスですが、利用者の声はどうなんでしょうか。ボトックスをした人の口コミ情...

ふくらはぎにボトックス注射を打つと言われる方も、よくいると聞きます。ボトックス注射とは、筋肉を鎮静させてくれる効果があり、筋肉太りで気になる部分をスッキリと細身に仕上げてくれる施術です。特に顔や太もも、ふくらはぎなどの太い筋肉が気に なる部位を痩せる為に使われることが多いです。そんなボトックスの効果とはどういったものでしょうか。まず太ももやふくらはぎなどの痩せたい箇所に印をつけて、ボトックス注射を...

ふくらはぎのO脚などで悩みを抱えている人というのは多いでしょう。O脚で悩みを抱えている人は、ふくらはぎの内側のトレーニングを行うことをオススメします。ふくらはぎの内側をしっかりと鍛えることによって、O脚を脱却していくことが出来るでしょう。もちろん、内側を鍛えるだけでは完璧に脱却することが出来るわけではありません。内側を鍛える以外にも様々な要素を取り入れるようにして下さい。それだけO脚というのは治り...

様々な健康法がある中でオススメなのは「ふくらはぎ健康法」です。ふくらはぎをマッサージすることで、体を健康にしていことが可能です。ふくらはぎというのは第二の心臓とも言われているほどです。第二の心臓であるふくらはぎは血液を心臓に戻すポンプの役割をしている部分になります。この第二の心臓のふくらはぎの血液の循環が悪くなってしまうと、血液の流れは悪くなります。しっかりとマッサージなどを行うことで血液の流れを...

ふくらはぎは冷やすのではなく、温めるようにしましょう。ふくらはぎを冷やすということは、あまり良いことではありません。寒い季節にはふくらはぎを冷やさない対策をとろう例えば冬場に足が出るスカートなどを履いてしまってふくらはぎを冷やしてしまうというのも出来れば避けたほうが良いでしょう。もしもそのような機会があるのでしたら、きちんとふくらはぎが冷えないように対策をして下さい。ふくらはぎを温めるとどんな効果...

ふくらはぎに無駄な筋肉が付いてしまうことで、筋肉太りになってしまっている人も居ます。そういうイメージが先行してしまい、ふくらはぎを鍛えると太ってしまうという間違った概念を信じてしまっている人も居るのではないでしょうか。決して、ふくらはぎを鍛えるのはダメというわけではありません。ふくらはぎも正しく鍛えることが出来れば、綺麗で美しい足を手に入れることが出来るのです。ふくらはぎが筋肉太りしてしまう主な原...

女性がダイエットで悩むのは、お腹や二の腕・太ももなど沢山ありますが、足のラインで目立つところで言えば、一番はふくらはぎですよね。女性にとってふくらはぎは、痩せたくてもすぐに痩せられない厄介な部位だという認識がなされています。ふくらはぎは、全体の80%が筋肉・20%が脂肪で出来ており、普通のダイエットならば筋肉をある程度付ければ痩せられるのに対して、ふくらはぎの場合は筋肉をつけてしまうと中々痩せない...

足のふくらはぎと言えば、痩せにくい箇所の一つですよね。昔よく言われていたのが、「自転車を漕ぐとふくらはぎが痩せる」と言うものでしたが、逆に「自転車を漕ぐとふくらはぎに筋肉が付いて太く見える」とも言われています。果たして、どちらが正しいのでしょうか。実際まとめてみました。ふくらはぎが痩せる漕ぎ方ですが、ママチャリやペダルの重い自転車だと、漕ぐ時に力を入れてしまいふくらはぎだけでなく、太ももや足裏にま...

NICRとは、美容皮膚科や整形外科で行われる、ふくらはぎの痩身手術のことです。ふくらはぎの痩身手術も、脂肪吸引や筋肉削除など様々な方法がありますが、NICRは比較的新しく導入された手術です。どのように行われるかと言うと、ふくらはぎの腓腹筋という部分の神経の一部を抹消し、筋肉を委縮させることで、ふくらはぎを細くする方法です。2〜3o程度ふくらはぎを切開し、専用器具を挿入して、高周波を流し込む。これが...

サッカーと言えば、限られた時間の中でフィールドを駆け巡り、ふくらはぎを酷使するスポーツです。相手の選手に追いつくとき、ボールを奪うとき、ゴールを決めるとき。とにかくあらゆる場面でふくらはぎの力が求められるスポーツなので、怪我は付き物と言っても過言ではありません。自らがサッカーをしたことがあるという方も、その時にふくらはぎの筋肉痛や肉離れなど、怪我に悩まされた時期はありませんでしたか?あるいは現在サ...

ふくらはぎがむくんで痛い。足がパンパンに張って、ジーンズがなかなか入らない。という方に、ふくらはぎのむくみとりに関する有力情報をお伝えしましょう。そもそも、なぜふくらはぎがむくんでしまうのか。原因は、足に過剰な負荷がかかってしまうことにあります。同じ姿勢を長時間続けている・踵の高い靴を履く、激しい運動をするなど。何らかの原因で足に負担をかけ続けていると、ふくらはぎのむくみが発生してしまいます。むく...

ドラッグストアや薬局などで販売されている、ふくらはぎのむくみとりサポーター。就寝時に身に着けるだけという手軽さもあって、利用している方も多い商品です。実はすごい!むくみとりサポーターの構造はどのようになっている?セルフマッサージではなかなか取れないむくみを解消する秘訣は、サポーターの「圧力」にありました。ふくらはぎにむくみができている状態だと、血流が滞り、下半身の血液が心臓に戻りにくくなってしまい...

健康のため、ダイエットのため。これから運動を始めようという方に、お願いがあります。運動をする前には、必ずストレッチを行ってください。特にふくらはぎのストレッチは、入念に行ってください。運動と言っても種類は様々ですが、ほとんどの運動でふくらはぎに負担がかかります。普段から体を動かす習慣があまりないという方は、運動した翌日に筋肉痛に悩まされたり、運動中に肉離れを起こしてしまったりする危険があります。本...

ふくらはぎの部分痩せとして、美容整形による手術を選択される方もいるでしょう。ストレッチなどのセルフケアを行っても、なかなか効果が出ない。そんな方には、美容整形手術という選択肢もあります。ふくらはぎの美容整形手術は、大きく分けると2種類あります。1つは筋肉委縮手術、もう一つは脂肪吸引手術です。筋委縮手術では、ふくらはぎの神経の一部を切断し、筋肉を委縮させることで足痩せをするものです。膝の裏側から数セ...

最近は健康のため、定期的にランニングをする方が増加しています。ランニング自体は健康促進のために良いことなのですが、やり方を間違えるとふくらはぎの痛みを誘発し、筋肉痛や肉離れを発症させてしまいます。ランニングと言っても、一気に長距離を走ろうとせず、短い距離から少しずつ慣らしていくようにしてください。スピードも遅くて構いませんし、疲れたら休憩して、水分補給やふくらはぎのマッサージをしてください。また、...

ふくらはぎに痛みを感じるとき、それは、特定の栄養が不足しているサインでもあります。例えば、激しい運動をした後ふくらはぎに筋肉痛を感じた時。この時不足しているのは、筋肉を回復させる「タンパク質」です。ふくらはぎが筋肉痛で痛むときは、タンパク質が豊富な食品を摂取してください。鶏肉のささみ、大豆製品などが、タンパク質を多く含んでいます。この時、疲労回復を促進する「クエン酸」を同時に摂取することも効果的で...

ふくらはぎの痛みは、大人はもちろん子供にも起こりうる症状です。原因は様々ですが、大きく分けると2つの傾向があります。1つは、ふくらはぎに過剰な負担をかけること。部活・クラブ活動などで激しい運動をしていると、肉離れなどでふくらはぎに痛みを感じることがあります。また、成長期で急激に体格が変化するときに伴う「成長痛」という痛みも、ふくらはぎに現れることがあります。子供の体は大人と比べると機能が未発達な部...

一般的にはふくらはぎという呼び方でも問題ありませんが、医療用語ではふくらはぎという呼び方は使われません。医療用語ではふくらはぎという部分は、腓腹部(ひふくぶ)という呼ばれ方をしています。スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});病院などに行かれた際に、医者の方は分かり易くふくらはぎと呼ぶようにしていますが医療用語では腓腹部と...

ふくらはぎのダイエットには筋肉構造の理解が必要不可欠です。ふくらはぎの部分痩せを行うさいには「ストレッチ」をするのは大切です。ストレッチを行うことによって、むくみなども改善されていきますので積極的に取り入れていきましょう。ストレッチなどを行っていく際には、きちんとふくらはぎの筋肉構造などは理解されておくべきです。ふくらはぎには、どのような筋肉があるのかご存知でしょうか。ふくらはぎの筋肉の構造という...

ふくらはぎの筋肉を鍛えて筋肥大していきたいと思ったら、先ずはふくらはぎの筋肉構造を理解しましょう。ふくらはぎの筋肉というのは、下腿三頭筋と呼びます。これはふくらはぎの筋肉を総称している呼び名であって、ふくはぎの筋肉というのは2種類分かれているのです。ふくらはぎの筋肉というのはヒラメ筋と腓腹筋に分かれています。これらを鍛えることによって、筋肥大を行っていく必要があります。腓腹筋に関しては、内腓腹筋と...

ふくらはぎという部分は血行が大きく関係していて第二の心臓とも呼ばれているほど大切なことを知っているでしょうか。血液を心臓に返すという血行の役割をしているのが、ふくらはぎなのです。血行のポンプの機能を担っていますので、身体に栄養や酵素を行き届かせるために働いています。スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});ふくらはぎの筋肉が...

ふくらはぎに膿が出来てしまっている。このようなケースの際には、直ぐに病院に行って治療を受けるようにしなければいけません。ふくらはぎに膿が出来ても、出してしまえば問題ないと考えていると後悔することになるでしょう。ふくらはぎに膿が出来てしまった場合には「感染性粉瘤」の疑いが強いと言えます。ただたの粉瘤であれば、膿が出来るようなことはないのですが、粉瘤に細菌が入り込んでしまうことにより、膿が出来てしまい...

足を英語で言うのは知っている人も多いんですが、ふくらはぎの英語での呼び方について知らないという人は多いのではないでしょうか。ふくらはぎの英語の呼び方は「calf」になります。この「calf」はふくらはぎという意味だけではなく、子牛という意味もありますので覚えておかれると良いでしょう。calfと英語で呼ぶふくらはぎに痛みを感じているという方は、何かしらの病気の兆候であるかもしれないというのも覚えてお...

ふくらはぎは、別名「第二の心臓」と呼ばれています。その理由は、ふくらはぎが下半身の血流をコントロールする重要な器官だからです。心臓から下半身へと送られた血流を、ふたたび心臓に戻す。それが、ふくらはぎの役割です。ふくらはぎの血流が正常ならば、人間は健康的に活動ができます。ところが、ふくらはぎの血流が滞ってしまうと、体に様々なトラブルが起きてしまいます。足のむくみ、肩こりや頭痛、腰痛など。ふくらはぎの...

一言で「ふくらはぎの治療」といっても、症状によって治療法は大きく異なります。肉離れや神経痛、血栓など。通院で済む場合もあれば、入院・手術が必要なこともあります。ふくらはぎの異常は、ある日突然痛みやしびれがやってくるように感じられますが、本当は自覚症状がないだけで、症状自体は少しずつ進行しているのです。その代表的なものが、ふくらはぎに感じるむくみ・だるさ・筋肉痛と言ったものです。この程度の症状だと、...

ふくらはぎに痛みやしびれを感じて病院を受診した時、専門用語ばかり使われて、症状がよく理解できなかった。という経験はありませんか?ふくらはぎだけに限らず、体の病気や怪我に関する専門用語はたくさんあります。今回は、ふくらはぎに関した専門用語をいくつか紹介します。ふくらはぎに発生する症状の代表的なものの一つに、あしが「つる」という現象があります。特に眠っているとき、突然足がつって猛烈な痛みが走るという症...

近年話題になっている、ふくらはぎを「もむ」という行為は、むくみ解消はもちろんのこと、腰痛改善、健康維持、足痩せなど、様々な方面で効果を発揮しています。実は、ふくらはぎをもむことと同じくらい注目を浴びている行為が、もう一つあります。それは、ふくらはぎを「叩く」事です。一見似たような行動に思えますが、ふくらはぎを叩くことには、それなりの意味があるのです。ふくらはぎには「筋ポンプ作用」という役割がありま...

みなさんは、帯状疱疹(たいじょうほうしん)という言葉をご存知でしょうか?その名の通り、疱疹が帯のように広範囲にでき、かゆみや痛みを伴う皮膚の症状のことですが、ふくらはぎ以外にも、腕や背中など、できる場所は人によって違います。帯状疱疹の特徴は、体の「片側」に初期症状が表れる点です。通常の発疹は手足の両方または胴体の広範囲にわたってできるものですが、帯状疱疹は、例えばふくらはぎの片側だけが猛烈にかゆい...

陸上競技の中でも、短距離走のように瞬発力を必要とする種目において、ふくらはぎの筋肉は重要な役割を発揮します。例えるならば、瞬時に加速し、そのスピードを保ったままゴールまで導くブースター。それだけに、ふくらはぎを鍛えることはもちろん、怪我やトレーニング後のアフターケアも大切なのです。短距離走で最も多いふくらはぎのトラブルは、肉離れ。プロの選手はもちろん、一般人の方でも多いトラブルの一つです。短距離走...

超回復という言葉から、皆さんはどんなことをイメージされますか?「超」という言葉が付くくらいだから、ダメージを受けても素早く回復する、あるいは再生し、前より強い状態になれる。そんなイメージが多いかと思います。この超回復という耳慣れない言葉ですが、一旦低下してしまった体の筋肉を元の状態にまで回復させた時、以前よりも強い機能が発揮できる、という現象を表しています。例えば、ランニングなどでふくらはぎに疲れ...

外出すると時々ふくらはぎが虫刺されになっていることに気づくことがあります。特に女性の方はスカートで出かけることが多いため、ふくらはぎが虫刺されになることがよくあることでしょう。虫刺されの部分がかゆいからといってかきむしってしまうと良くないということはよく知られているので我慢していると、時々そこが赤く膨らんでくることがあります。ふくらはぎの裏側など見えにくい部分だと気づきにくいものですが、熱を帯びて...

ふくらはぎのケアと言っても、実にさまざまな方法があります。ふくらはぎのケア方法は大きく分けて2つあり、外側からケアする方法と、内側からケアする方法です。その2つのケア方法が与える影響についてお話します。ふくらはぎは、下半身の血流をコントロールする重要な部位です。特に気温が下がり、体が冷えやすくなってくるこれからの季節は、入念なケアが必要です。と言っても、難しいことをするわけではありません。マッサー...

ロードバイクを楽しんでいる方であれば、ロードバイクの性能だけでなくペダリングの方法にも興味があるに違いありません。ペダリングの方法によって体の疲れ具合も変われば走るスピードも大きく変わってくるからです。いかに無駄なく、スムーズに漕いだ力をクランクに伝えるかがポイントになります。実際にプロのロードレーサーを見てみると、ふくらはぎが非常に細いということに気づきます。プロのロードレーサーであればきっとし...

スポンサーリンク