ふくらはぎがパンパンになる原因と対処法について徹底解説!

ふくらはぎがパンパンに張ってしまっている。そういう悩みを抱えている方はかならり多くいらっしゃるでしょう。ふくらはぎがパンパンになってしまった原因と、効果的に解消する方法についてお話します。

 

スポンサーリンク

まずは確認!ふくらはぎがパンパンになる原因は?

ふくらはぎがパンパンになってしまっているのは、仕事の疲れやエアコンの使い過ぎ、運動不足などでリンパの流れが悪くなっているからです。それを改善していけば、必然的にパンパンに張っているふくらはぎも解消していくことになるでしょう。

 

パンパンに張っているのは、むくみや冷え性なども原因ですのでそれらを改善していくためにはふくらはぎのリンパマッサージが重要なポイントとなります。

ふくらはぎは体の中でも特に重要な部位!

ふくらはぎというのは第二の心臓とも呼ばれており、重要な役割を担っています。ふくらはぎの血液のポンプが滞ってしまうと、足の先まで血液がしっかりと送られなくなってしまうのです。

 

参考:新健康法!ふくらはぎが第二の心臓と呼ばれる理由とは?

 

そうなることによって、冷え性になってしまい、むくみにもなりやすくなり、ふくらはぎもパンパンに張ってしまうのです。パンパンのふくらはぎをきちんと改善していくためにはやはりリンパマッサージしかありません。

 

スポンサーリンク

リンパマッサージをするとどんな効果がある?

リンパマッサージを行っていくことによって、リンパの流れが良くなっていきます。リンパの流れが良くなることによって、老廃物もきちんと排泄されていくのです。

 

もしもセルライトなどが出来てしまっている人は、セルライトを潰して老廃物と一緒に排泄することを意識していきましょう。セルライトというのは運動などでは決して排泄することが出来ないものです。

 

リンパで流していくしか方法がありませんので、できている場合にはリンパマッサージで流していきましょう。リンパマッサージをする時はお風呂上がりなどが理想です。リラックスすることが出来る時間にリンパマッサージを行って下さい。

 

※参考:ふくらはぎ大改造!リンパマッサージで理想の脚を手に入れる!

スポンサーリンク