ふくらはぎの痛みの原因が靴の場合はアフターケアが最重要!

ふくらはぎが痛い。そこには様々な原因が隠れている者です。

 

病気の前兆、日常の生活習慣から来る影響。

 

中でも普段履いている靴が、自分の足と合っていない場合でも、ふくらはぎに痛みを感じることがあります。

 

女性が履くヒールの高い靴や細い靴、サイズの合っていない靴を履いているとき、ふくらはぎにはどうしても負担がかかってしまいます。

 

立つ・座る・歩くという日常の動作でも、バランスを取ろうと強い負担がふくらはぎにかかり、これが痛みを感じる原因になるのです。

 

また、つま先を圧迫するような靴、自分の足よりも小さい靴を履いている場合でも同じく、足からふくらはぎにかけての血流が滞ってしまい、ふくらはぎの痛みを誘発する場合もあるのです。

 

つま先が細いデザインの靴や、ヒールが極端に高い、あるいは細い靴をよく履いている方は、ふくらはぎが痛くなりがちです。

 

仕事上、そうした靴を履く機会が多いから仕方がないとしても、靴を脱いだ後のアフターケアはしっかり行ってください。

 

ふくらはぎを温めて血流を促進し、マッサージをして筋肉を和らげることで、痛みは緩和されます。

 

また、休日は足への負担が少ない靴を履くようにするなど、可能な範囲でふくらはぎへの負担を和らげることを心がけてください。

 

そうすることで、平日の仕事中でも、ふくらはぎの痛みは緩和されていくでしょう。

 

ふくらはぎはこまめにケアをしないと、すぐにむくんでしまいます。

 

そこにハイヒールの靴を履くと…どうしても目立ってしまいますから、ふくらはぎのケアはしっかり行ってください。

スポンサーリンク