異常のシグナル?ふくらはぎの痛みは肝臓への負担大?

ふくらはぎの痛みは、思わぬ病気のサインであることがあります。

 

例えば、肝臓が悪化しているとき。

 

ふくらはぎがだるい、痛いと感じることがあります。

 

ふくらはぎの痛み以外にも、肝臓へ悪影響をおよぼす習慣はあります。

 

インスタント食品・辛みの強い食品・脂分が多い食品を好んで食べる方は、肝臓に負担をかけていることが多いです。

 

また、頻繁にイライラしたり、冷え性や暑がり、直射日光を長時間浴びることも、肝臓に負担をかける要因となります。

 

環境については、仕事上改善が難しい部分もあるでしょう。

 

しかし、食生活や日常のくせは、ある程度改善できます。

 

自分のふんだんの生活スタイルをよく見直して、改善できるところがあれば、少しずつでも改善していくことが望ましいです。

 

肝臓はたとえ異常が起きていても、その臓器自体から痛みを発することができません。

 

従って、他の体の器官を使って、痛みのシグナルを発しているのです。

 

痛みを感じると、その部分に直接何かがあったのか?

 

と感じてしまいがちですが、肝臓のように、痛みの箇所とは関係のない場所からシグナルが発せられることもあります。

 

ふくらはぎの痛みやだるさと言った症状は、肝臓はもちろん、動脈硬化など、全身で起こりうる病気の前兆である可能性もあります。

 

日ごろの生活習慣から来る痛みだから仕方がない。

 

なんて具合に甘く考えていると、病状が悪化して治療期間が長引くこともあります。

 

ふくらはぎに痛みなどの異常を感じた、体の臓器に負担がかかっているかもしれない。

 

という心がけを普段から持っていることが大切です。

スポンサーリンク