あえて見せる!ふくらはぎが太い人の服の着こなし裏ワザ!

洋服を選ぶとき、色やデザインを工夫して選べば、体型カバーをしてオシャレに見せてくれます。

 

今回は、ふくらはぎが太いとお悩みの人のために、服選びのコツを教えます。

 

ポイントは、ふくらはぎを「隠す」と「あえて見せる」の2つです。

 

隠すなら分かるけど、なんでわざわざ太いところを見せるの?

 

と疑問をお持ちかもしれませんね。でも、服の組合せによっては、ふくらはぎを出したほうが細く見せられることもあるのです。

 

まずはスカートを選ぶ場合。ふくらはぎを隠したい方は、足首あたりまでのマキシスカートが適しています。

 

プリーツやストライプ模様など、細めのデザインなら、足をスッキリ見せてくれます。

 

パンツスタイルの時は、ストレート・ボーイフレンドデニム・フレアパンツなど、足回りにゆとりがあると、ふくらはぎをうまく隠すことができます。

 

続いて、ふくらはぎを「あえて見せる」ことで体型カバーをする方法です。

 

見せる場合は、スカート・パンツ共に膝丈までのものを選びましょう。

 

色はベージュ、模様は細いストライプ柄がお勧めです。

 

肌に近い色の服を着たり、縦長の模様を使うことで、体全体を細く見せるというテクニック。

 

これなら、太いふくらはぎが露出していても気になりません。

 

ふくらはぎを隠す・見せるのコーディネートで共通して大切なことは、シルエットが「I」の字に見えるようなデザインの服を選び、組み合わせることです。

 

これで季節を問わず、おしゃれが楽しめますよ!

スポンサーリンク