ふくらはぎの筋肉の張りは2つのタイプがある!タイプ別改善方法!

ふくらはぎが太いという方には、2つのタイプが存在します。1つは、運動不足や食べ過ぎなどで脂肪がふくらはぎについてしまう場合。もう1つは、激しいスポーツをしたり、立ち仕事をしていたりして、筋肉の張りができる場合です。

 

スポンサーリンク

ふくらはぎの張りは自分で揉んでみることでタイプがわかる

自分のふくらはぎがどちらのタイプかは、もむことで判明できます。ふくらはぎの感触が柔らかければ、脂肪が多いタイプ。固ければ、筋肉の張りができているタイプです。

 

筋肉の張りによってふくらはぎが太くなっている場合、筋肉の働きが弱くなり、血液循環がうまくいきません。ふくらはぎの筋肉が張った状態が長く続くと、血流が滞り、体の他の部分が痛み出したり、ひいては動脈硬化を引き起こすこともあるのです。

 

ふくらはぎの筋肉の張りには、きちんとケアをしなければなりません。もっとも手軽なケアは、マッサージをおこなったり、市販の湿布薬などを使って、筋肉の血流を促進することです。

 

スポンサーリンク

 

運動や仕事の前後にふくらはぎをもみほぐしたり、入浴時にふくらはぎのリンパマッサージをすると、より血流が滞りにくくなります。ただし、歩行が困難なほど強く張りを感じている場合は、医師の診察を受けてください。

 

既に何らかの疾患が発生している可能性があります。立ち仕事だし、ふくらはぎの筋肉が張るのはしょうがない。スポーツをやっているから、ふくらはぎの筋肉が張るのは当たり前。

 

だからと言ってふくらはぎのケアを怠ると、日常生活にも支障をきたす恐れがあります。症状が悪化する前に、ふくらはぎのケアはしっかり行ってください。

スポンサーリンク